Rakuten infoseek

辞書

生理【セイリ】

デジタル大辞泉

せい‐り【生理】
生物体が生きているために起こるさまざまなからだの現象や、生きていくためのからだの機能。呼吸・消化・排泄(はいせつ)・血液循環・体温調節・代謝などの働き。または、その仕組み。
月経。
くらし。世すぎ。生活。
「専ら嬉遊を好み、―を務めず礼譲甚だ薄く」〈航米日録・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいり【生理】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいり【生理】
生命を営むことに伴って生物体に生じる諸現象。また、その原理。
月経。つきのもの。メンス。
生物が生活していくすじみち。なりわい。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐り シャウ‥【生理】
〘名〙 生活する道。生のいとなみ。なりわい。せいり。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「我国の法をうけざらむものどもをば、生理(しゃうり)をゆるさず、即時に放ち還され」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐り【生理】
〘名〙
① 生物が生活していくすじみち。生活する道。生のいとなみ。なりわい。しょうり。
※蕉堅藁(1403)冬日懐中峰旧隠「幽栖誠所愛、生理却無聊」
※翁問答(1650)上「そのくにに居て産業をつとめ生理(セイリ)をとぐるは」 〔杜甫‐得舎弟消息詩〕
② 生物が生命を維持していく上での種々の現象や機能。また、その原理。肉体の諸現象。
※文徳実録‐天安元年(857)一一月戊戌「何者一夕之命得方、則存其生理
※翁問答(1650)上「苗と種に生理(セイリ)なきゆへなり」
③ 月経。メンス。
※労働基準法(1947)六七条「生理に有害な業務に従事する女子が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.