Rakuten infoseek

辞書

生物多様性【せいぶつたようせい】

知恵蔵

生物多様性
ある生物群系、生態系、または地球上に多様な生物が存在している状態、および進化の過程で多様な遺伝子プールが過去から未来へと受け継がれている状態を指す概念。生物学的多様性(biological diversity)とも言われる。
環境省は「生物の多様性に関する条約」で、生物多様性を、「すべての生物(陸上生態系、海洋その他の水界生態系、これらが複合した生態系その他生息又は生育の場のいかんを問わない)のの変異性をいうものとし、内の多様性、種間の多様性及び生態系の多様性を含む」と定義しており、ここに示されているとおり、生物多様性には「生態系の多様性」「種の多様性(種間の多様性)」「遺伝子の多様性(種内の多様性)」という3つのレベルの多様性がある。
「生態系の多様性」は、森林、里山、河川、湿原、干潟、サンゴ礁、乾燥地など地球上に多様な環境が存在し、それぞれに適応した種、個体からなる特有の生態系が存在することをいう。地球上には、現在までに約180万種の生物に名前が付けられているが、未知の生物を含めると数千万種から1億種の生物がいると考えられている。これを「種の多様性」という。
さらに、同じ種でも遺伝子が異なり、形質の多様性を生じ、多様な環境に適応した個体が生存して種を維持することを可能としている。これを「遺伝子の多様性」という。
(葛西奈津子  フリーランスライター / 2010年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

生物多様性
約3千万種とも言われる地球上の生物は、互いに結びついてバランスを保っている。そうした種の多様さや、それらが食べ物といった人々の暮らしにもたらす恵みを、「生物多様性」と呼ぶ。世界的な人口増加開発などで、ここ数百年で生物の絶滅速度は1千倍に加速したとされる。内閣府調査で、生物多様性について「聞いたこともない」と答えた人は約62%だった。
(2009-11-19 朝日新聞 夕刊 環境)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

生物多様性
約3千万種とも言われる地球上の生物は、互いに結びついてバランスを保っている。人類もこの地球の生態系の一員だ。そうした種の多様さや、それらが食べ物や薬といった人々の暮らしにもたらす恵みを「生物多様性」と呼ぶ。 ただ、世界的な人口増加や開発などで、ここ数百年で生物の絶滅速度は1千倍に加速したともいわれる。 生物が生きる環境が悪化し、生態系の破壊に対する懸念が深刻になるなか、1992年に生物多様性条約が採択された。現在、米国を除く194カ国が参加し、取り組みを強化している。
(2016-10-27 朝日新聞 朝刊 東特集H)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

せいぶつ‐たようせい〔‐タヤウセイ〕【生物多様性】
いろいろな生物が存在しているようす。生態系の多様性、種(しゅ)における多様性、遺伝子の多様性など、各々の段階でさまざまな生命が豊かに存在すること。バイオダイバーシティー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集

生物多様性
生物の間にみられる変異性を総合的に指すことばで、生態系(生物群集)、種、遺伝子(種内)の3つのレベルの多様性により捉えられる。従って、生物多様性の保全とは、様々な生物が相互の関係を保ちながら、本来生息環境の中で繁殖を続けている状態を保全することを意味する。

出典:農林水産省

大辞林 第三版

せいぶつたようせい【生物多様性】
遺伝子・生物種・生態系それぞれのレベルで多様な生物が存在していること。これを地球規模で保全するため、1992年に生物多様性条約が採択された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生物多様性
せいぶつたようせい
biodiversity
地球上の一つの場所で見出される生命の多様さ,あるいは地球に存在する生命全体の多様さ。多様さの一般的な尺度である種の豊かさは,ある地域におけるの総数を表す。ただ,種の数は地域間の違いをある程度表すことはできるが,多様性の唯一の尺度とはならない。生物多様性とは,種の多様性だけでなく,種がもつ遺伝子の多様性や,種がつくり出す生態系の多様性を網羅する概念である。種の多様性は,種によってその重みが異なる。その評価基準の一つは,その種の分類学上の上位群(,綱,など)の多様性である。ある属はたった一つの種しかもたず,別の属は数百もの種をもつ。どちらの属に含まれる種がより重要であるかは,こうした種の多さを考慮しながら判断することになる。種の多様性はまた,希少な種が生息する環境に固有の多様性という観点から評価される。地域によってはそこにしか生息しない固有種があり,生息域が狭い固有種は,より広い地域に生息する種よりも人間活動の被害を受けやすい。種の遺伝子の多様性は,同じ種であっても遺伝子によりさまざまな形質の違いを生じさせる。また個体ごとに,異なる病気に対する耐性をもたらす可能性がある。生物多様性は,種が形成するさまざまな生態学的共同体(→群集)をも包含する。一般的に,森林と草原からなる地域の生態系は,異なる種が存在するため,森林だけからなる地域よりも多様化しているとみられる。生態系の多様性を定量化する方法は,対象地域のさまざまな生態学的共同体を記録することである。(→生物多様性条約

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生物多様性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生物多様性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.