Rakuten infoseek

辞書

生涯学習【しょうがいがくしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生涯学習
しょうがいがくしゅう
lifelong learning
生涯にわたる学習行為,もしくはそれを肯定する理念をさす。生涯教育 lifelong educationとの意味上の関連から,大きく2つのとらえ方がなされる。その1つは,生涯学習は個人の自主的・主体的行為であるが,生涯教育は知識・技術の一方的な伝達行為であって人間の生涯管理につながるとして否定する立場,いま1つは,個人の主体的行為としての生涯学習を可能にするための保障作用が生涯教育であり価値的には同じだとする立場である。生涯学習・生涯教育の概念が注目されるようになったのは,1965年にユネスコの成人教育課長 P.ラングランが提唱して以降のことで,72年に教育開発国際委員会が提出したフォール報告書によって生涯教育が各国に普及していった。日本では 71年に提出された中央教育審議会の答申で注目されて以降,振興政策がとられるようになり,90年に成立した生涯学習振興法によって定着した。現在では学校制度,地方公共団体,民間企業の各レベルで生涯学習の振興策がとられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

生涯学習
生涯学習は、全国民が主体的に生涯学び続けること。生涯教育はそれを保障するための働きかけ、及び条件整備。学校教育も生涯教育の一環。生涯教育が世界的に注目されたのは、1965年にパリでユネスコが開催した成人教育推進国際委員会でユネスコ成人教育課長ラングランが提出した報告だった。この言葉が日本で教育政策として登場したのは、71年の中教審答申で、81年には中教審から「生涯教育について」の答申が出され、さらに臨時教育審議会は教育改革の重要な柱として「生涯学習体系への移行」を挙げた。文部省(当時)は88年の機構改革で社会教育局に代え生涯学習局を新設、90年6月には生涯学習の振興のための施策の推進体制等の整備に関する法律(通称生涯学習振興法)が制定された。92年7月には生涯学習審議会が、当面重点を置いて取り組むべき課題として、リカレント教育の推進、ボランティア(社会奉仕)活動の支援・推進、青少年の学校外活動の充実、現代的課題に対応する学習機会の充実、などを答申した。そのほか「地域における生涯学習機会の充実方策について」(96年4月)、「社会の変化に対応した今後の社会教育行政の在り方について」(98年9月)、「生活体験・自然体験が日本の子どもの心をはぐくむ」「学習の成果を幅広く生かす」(以上99年6月)といった答申を行っている。89年から各年1都道府県ごとに、各種のイベントを中心に全国生涯学習フェスティバル(愛称まなびピア)が文部科学省と都道府県などとの共催で開催されている。
(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

しょうがい‐がくしゅう〔シヤウガイガクシフ〕【生涯学習】
人々が生涯にわたって、主体的に継続して行う学習。平成2年(1990)に生涯学習振興法が制定され、さまざまな振興策が取られている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうがいがくしゅう【生涯学習】
学習者の自由な意志に基づいて、それぞれにあった方法で生涯にわたって学習していくこと。その振興のために1990年(平成2)生涯学習振興法が制定された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生涯学習
しょうがいがくしゅう
人々が生涯にわたり、主体的に続ける学習活動のことで、lifelong learningの訳。これに対して、生涯教育(lifelong education)は、生涯学習を支える教育構造編成の働きをさすことばとして用いられることが多い。
 日本においても生涯学習の概念は古くからあったが、臨時教育審議会(臨教審)や中央教育審議会(中教審)で、教育改革の重要事項として扱われるなど、1980年代から政策的動きが活発化した。臨教審の最終答申を受けて、政府は、生涯学習体制の整備促進、社会教育関連法令の見直し、文部省の機構改革実施等の方向を示した。これにより1988年(昭和63)には文部省が社会教育局を改組し、生涯学習局を設置した。臨教審の後を受けて再開した中教審では、1990年(平成2)1月に「生涯学習の基盤整備について」が答申され、具体的施策があげられた。(1)生涯学習の推進体制、(2)生涯学習推進の中心機関(生涯学習推進センター、生涯学習センター)、(3)生涯学習活動重点地域、(4)民間教育事業の支援、などである。さらに、文部省と関係省庁との連携協力機関の設置なども指摘された。
 1990年7月施行の「生涯学習の振興のための施策の推進体制等に関する法律」(通称、生涯学習振興法)は、生涯学習に関する初めての法体系である。これにより都道府県に、文部省内の同名の審議会とは別に、生涯学習審議会の設置が規定され、また、都道府県、市町村に対して地方生涯学習振興費補助金が支出されることになった。
 文部省の生涯学習審議会は、1990年代に次のように答申を出していく。1992年7月に「今後の社会の動向に対応した生涯学習の振興方策について」、1996年4月に「地域における生涯学習機会の充実方策について」、1998年9月に「社会の変化に対応した今後の社会教育行政の在り方について」という答申が、それぞれ提示された。1998年「社会の変化に~」の答申では、住民参加、市町村の広域的連携などをよびかけた。1998年7月には、文部省の生涯学習局婦人教育課が男女共同参画学習課に改組された。また、2001年(平成13)の省庁再編により文部省と科学技術庁が統合され文部科学省となったのに伴い、生涯学習局は生涯学習政策局に改組、生涯学習審議会は廃止され、中央教育審議会生涯学習分科会へと引き継がれた。なお、都道府県、市町村の各自治体においても、学習環境の整備、学習機会の提供にむけて施策が行われ、生涯学習推進のための体制づくりが続けられている。しかし、生涯学習が人間一生の全学習活動を意味し、したがって、学校教育も生涯学習の一部をなすという公式的見解にもかかわらず、学校教育が依然として生涯学習とは別物であるというとらえ方がある。また、関係省庁間の連携の徹底など取り組むべき課題は多いといえよう。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

生涯学習
人は生涯にわたって学習を続け発達する存在であるという理念に基づく,学習の形態,方法,制度,政策全般.生涯教育(lifelong integrated education)は同義語であるが,観点の違いとして理解される.すなわち,生涯にわたる自律的な教育活動を,その主体(学習者)の面から捉えた場合,生涯学習という用語の意義が強調されるのである.また,生涯教育は制度的な面を重視しており,家庭教育,学校教育,社会教育を統合した教育実践を意味しているが,生涯学習においては,そうしたさまざまな教育制度を総合的に活用しながら,学習活動を推進することに主たる焦点が合わせられている.今日,公共図書館は生涯学習施設と考えられている.これは,制度的に社会教育施設の一つとされるからであり,機能において,その活動が広く学習者を資料面と情報面で援助しているからでもある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうがい‐がくしゅう シャウガイガクシフ【生涯学習】
〘名〙 自発的な意思によって、生涯を通じて行なう学習。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生涯学習」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生涯学習の関連情報

他サービスで検索

「生涯学習」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.