Rakuten infoseek

辞書

生成【せいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生成
せいせい
becoming; devenir; Werden
には存在者におけるあらゆる変化をさし,狭義には消滅と対立して存在者の存在もしくは存在形式,様態などの発生を意味する。存在と生成の関係はきわめて古い問題であるが,生成は一般に同一基体上の性質の変化と,基体にあたる存在者の発生とを相対的にみて同じ見方で論じる立場が有力であった。アリストテレス-トミズムの現実態可能態体系では,生成とは,可能態が現実態へと移行することであり,この過程終極は生成するものに内在するエンテレケイアである。生成現象の最終的原因はアリストテレスにおける第一動者であり,スコラはこれを神とみなした。近代ではヘーゲルが生成を基本原理とする動的な哲学体系を立てた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐せい【生成】
[名](スル)
ものができること。また、ものを新たにつくり出すこと。「薬品を生成する」
哲学で、事物がある状態から他の状態になること。また、その過程。転化

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なまなり【生成】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいせい【生成】
スル
生じること。また、生じさせること。 新しい物質が-する
物がその状態を変化させて他の物となること。転化。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生成
せいせい
becoming英語
devenirフランス語
Werdenドイツ語
運動や変化とともに、静止、不変、存在に対する哲学原理。アリストテレスの哲学では、場所運動、増減(量変化)、性質変化と並び、実体のカテゴリーに関する変化と定義された。非存在が存在となる過程が生成である。そこで、存在と生成のいずれをより根源的であるとするかによって、哲学流派の間にもっとも根本的な対立が生ずる。戦いが万物の父であるとしたヘラクレイトスは生成の哲学を代表するものであり、生成は非存在の存在を許す不合理を含むという理由で、生成を否定したパルメニデスは存在の哲学の代表者である。生成と存在の問題は、哲学にもっとも根源的な思索を要求する永遠の問題である。[加藤信朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うみ‐な・す【生成】
〘他サ四〙 生んで作りあげる。生成する。
※古事記(712)上「国土(くに)を生成(うみなさ)むと以為(おも)ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おい‐な・る おひ‥【生成】
〘自ラ四〙 成長する。育つ。生い立つ。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「よくおいなり給へるを〈略〉むつまじき人の、いとたてまつらせまほしきを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐せい【生成】
〘名〙
① ものができること。また、ものを生じさせること。しょうじょう。せいじょう。
※太平記(14C後)二五「陰陽成(セイ)生して、正哉吾勝勝々速日天忍穂耳尊を生み給ふ」 〔杜甫‐屏跡詩〕
② 育つこと。成長すること。
※随筆・文会雑記(1782)二「幼時病身にて中々生成したまふべきに非ず」
③ 哲学で、静止、不変、存在に対する概念で物がその状態を変えて、他の状態に変化する過程、あるいは非存在が存在となる過程をいう。転化。成。
※ネオヒューマニズムの問題と文学(1933)〈三木清〉三「無は人間ではない、むしろそこから芸術における人間の生成があると考へられるところの根源である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なま‐なり【生成】
〘名〙
① (形動) 十分にできあがっていないこと。未熟であること。また、そのさまや、そのもの。
※史記抄(1477)六「此ほと秦は彊て新造之趙とてまたなまなりで」
② 鮒(ふな)や鮎(あゆ)などで作る熟鮨(なれずし)の、十分に熟(う)れていない半熟の状態。また、その状態で食べる鮨。一説に、早鮨(はやずし)。一夜鮨。なまなりずし。なまなれ。
※殿中申次記(15C末‐16C中か)「生成三十、例年進上之
③ 能面の一つ。小さな角を生やし、髪を乱した女面で、怨霊を表わす。「般若(はんにゃ)」になりきっていないもので、「鉄輪(かなわ)」の後シテにだけ用いる。〔八帖花伝書(1573‐92)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生成の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.