Rakuten infoseek

辞書

生年【ショウネン】

デジタル大辞泉

しょう‐ねん〔シヤウ‐〕【生年】
生まれてから経過した年数。とし。齢。せいねん。「時に生年三五歳」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ねん【生年】
人の生まれた年。うまれどし。⇔没年
生まれてから経過した年月。しょうねん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうねん【生年】
生まれてから経過した年数。年齢。とし。 -二五歳

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいねん【生年】
生まれたとし。 ⇔ 没年
生まれてから経過した年数。しょうねん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うまれ‐どし【生年】
〘名〙 生まれた年。せいねん。
※半七捕物帳(1925)〈岡本綺堂〉松茸「おかみさんは生(ウマ)れ年(ドシ)を隠してゐるのでございます」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐ねん シャウ‥【生年】
〘名〙 生まれてから経過した年数。年齢。よわい。とし。せいねん。
※菅家文草(900頃)三・問藺笥翁「生年幾箇家安在。偏脚句瘻亦具陳」
※仮名草子・恨の介(1609‐17頃)上「菊亭殿御娘に、しゃうねん十八にならせ給ひしが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐ねん【生年】
〘名〙
① 生まれた年。うまれどし。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「是は五十二で死んだものであるか或は生年(セイネン)が誤り伝へられたのであるか」
② 生まれてから経過した年数。年齢。また、一生の間。しょうねん。〔古詩十九首‐其十五〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なり‐どし【生年】
〘名〙 果実がよくなる年。また、年切(としぎり)の柿がよくなる年。
※俳諧・七番日記‐文化一五年(1818)一二月「庵の柿なり年もつもおかしさよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生年」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生年の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.