Rakuten infoseek

辞書

生壁色【なまかべいろ】

色名がわかる辞典

なまかべいろ【生壁色】
色名の一つ。塗りたての乾いていない土壁のような、みを帯びた鼠色。江戸時代の染色で用いられた色名。鼠色の系統か茶色の系統か判断が難しい色合いで、「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるほど好まれた2色のイメージを兼ね備えている。主に着物に用いられたという。現代でも和服などに用いられる。また大手鉛筆メーカーが発売した240色の色鉛筆に含まれている。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なまかべ‐いろ【生壁色】
茶色がかったねずみ色。また、濃い藍ねずみ色。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なまかべいろ【生壁色】
あいがかったねずみ色。また、茶色がかったねずみ色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なまかべ‐いろ【生壁色】
〘名〙 藍ねずみの濃い色。なまかべ。
※洒落本・二蒲団(1801)「つむぎのなまかべいろのはおり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生壁色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生壁色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.