Rakuten infoseek

辞書

生命保険料控除

保険基礎用語集

生命保険料控除
生命保険に加入して保険料を支払った場合、その保険料に応じて一定の額がその年の所得から控除されることを指します。生命保険料控除には、一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除があります。生命保険料控除の対象となる契約は、保険金などの受取人が本人もしくはそのほかの親族となっている契約です。個人年金保険料控除については、個人年金保険料税制適格特約をつけている契約が対象となるが、保険期間が5年未満の貯蓄保険や財形貯蓄制度に利用される保険はその控除対象から除外されます。

出典:みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

生命保険料控除
生命保険料控除とは、契約した生命保険や生命共済などの支払額に応じて、一定の額がその年の契約者の所得から控除されることです。たとえば、生命保険料控除の金額が5万円の場合、課税所得金額330万円以下で税率が10%の人なら5千円、課税所得金額900万円以下で税率が20%の人なら1万円の所得税が節税できます。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

生命保険料控除」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生命保険料控除の関連情報

他サービスで検索

「生命保険料控除」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.