Rakuten infoseek

辞書

生写朝顔話【しょううつしあさがおばなし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

生写朝顔話
しょううつしあさがおばなし
浄瑠璃。5段。山田案山子作。天保3 (1832) 年大坂竹本木々太夫座初演。文化 11 (1814) 年,奈河晴助脚色で初演された歌舞伎『けいせい筑紫つまごと (つくしのつまごと) 』の浄瑠璃化で,原拠は司馬芝叟の長咄『舜 (あさがお) 』にある。宮城阿曽次郎と深雪がすれちがいを重ねる悲恋に,鎮西探題大内義興家の騒動がからむ。現在では深雪に焦点を絞り,1段「蛍狩」,2段「明石船別れ」「秋月弓之助館」4段「宿屋」「大井川」の悲恋ものとして上演される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょううつしあさがおばなし〔シヤウうつしあさがほばなし〕【生写朝顔話】
浄瑠璃。時代物。15段。山田案山子(やまだのかかし)(近松徳叟(ちかまつとくそう))遺稿、翠松園主人校補。天保3年(1832)初演。講釈師司馬芝叟(しばしばそう)の長話「蕣(あさがお)」を脚色したもの。今日、人形浄瑠璃・歌舞伎とも深雪(みゆき)と宮城阿曽次郎(のちに駒沢次郎左衛門)との情話を中心に上演している。生写朝顔日記朝顔日記。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょううつしあさがおばなし【生写朝顔話】
人形浄瑠璃および歌舞伎狂言。5段。文化年間(1804‐18)に,山田案山子(近松徳三別号)が,講釈師司馬芝叟(しばしばそう)の長話《蕣(あさがお)》をもとに竹本重太夫のために書いた浄瑠璃は,上演されずに終わった。1811年(文化8)に雨香園柳浪の挿絵入りの10編の読本《朝顔日記》が成立し,広く読み親しまれたので,その後大坂堀江市の側芝居で《生写蕣日記》と題し歌舞伎化した。次いで,上坂した2世沢村田之助が14年正月大坂の市川善太郎座(角の芝居)で奈河晴助作《けいせい筑紫(つくしのつまごと)》8幕を上演して好評を博した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょううつしあさがおばなし【生写朝顔話】
人形浄瑠璃。時代物。山田案山子かかし(近松徳叟とくそう)遺稿、翠松園校補。1832年初演。通称「朝顔日記」。芝屋司叟の長咄「蕣あさがお」が原拠で、御家騒動を背景に、秋月弓之助の娘深雪が宮城阿曽次郎(のち駒沢次郎左衛門)を慕って家出し、盲目の門付かどづけとなって流浪する悲劇。四段目の「宿屋」「大井川」の段が著名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

生写朝顔話
しょううつしあさがおばなし
浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。5段。山田案山子(やまだかがし)(歌舞伎(かぶき)作者近松徳叟(とくそう)の別号)遺稿。翠松園主人校補。1832年(天保3)1月、大坂稲荷(いなり)境内の竹本木々太夫座初演。講釈師司馬芝叟(しばしそう)の長話(ながばなし)『蕣(あさがお)』を脚色した雨香園柳浪の読本(よみほん)『朝顔日記』を、1814年(文化11)奈河(ながわ)晴助が2世沢村田之助のため『けいせい筑紫(つくしのつまごと)』の題で歌舞伎脚本化、これを浄瑠璃にしたもの。通称「朝顔日記」。『生写(いきうつし)朝顔日記』の題でも上演される。芸州岸戸藩士秋月弓之助の娘深雪(みゆき)は、宇治の蛍狩りで宮城阿曽次郎(みやぎあそじろう)と互いに恋い染める。のち駒沢(こまざわ)次郎左衛門との縁談を、それが大内家に仕官して改名した阿曽次郎のこととも知らず、拒んで家出し、流浪のすえに盲目となり、かつて宮城が詠じた「朝顔の歌」を歌って門付(かどづけ)をする身になる。そして島田の宿(しゅく)の宿屋戎屋(えびすや)で客に望まれ琴を弾くが、その客こそ宮城で、公用のため名のれずに去る。あとで恋人と知った深雪は大井川まで追って行くが、川留めで渡れず、悲嘆のあまり入水(じゅすい)しようとするところを、戎屋の亭主徳右衛門(とくえもん)と秋月の僕(しもべ)関助(せきすけ)に救われる。メロドラマ的なすれ違いの手法が特色で、序段の「蛍狩り」、四段目の「宿屋」「大井川」が歌舞伎でも多く上演される。なお、人形浄瑠璃では「宿屋」の前半、藪(やぶ)医者萩野祐仙(はぎのゆうせん)が活躍する「笑い薬」の段がチャリ場(滑稽(こっけい)な場面)として有名。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょううつしあさがおばなし シャウうつしあさがほばなし【生写朝顔話】
浄瑠璃。時代物。五段。山田案山子(近松徳叟)遺稿、翠松園主人校補。天保三年(一八三二)大坂稲荷文楽芝居で初演。秋月弓之助の娘深雪は、宇治の蛍狩で宮城阿曾次郎と恋しあったが、のち縁談が起こり、その相手が阿曾次郎と知らずに家出、両眼を泣きつぶして流浪するが、やがて結ばれる。島田宿屋から大井川の段が、朝顔と名乗る深雪の悲恋を描いて名高い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生写朝顔話」の用語解説はコトバンクが提供しています。

生写朝顔話の関連情報

他サービスで検索

「生写朝顔話」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.