Rakuten infoseek

辞書

甘味【カンミ】

デジタル大辞泉

かん‐み【甘味】
あまい味。また、あまい食物。あまみ。「甘味を好む」
うまい味。また、おいしい食物。
物事の快い味わい。面白み。
「云難き―を含む誘惑の音楽」〈荷風あめりか物語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

甘味
 基本的五原味の一つ.甘い味.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんみ【甘味】
あまい味。また、あまみが主の食品。あまみ。 人工-
物事の面白さ。味わい。 誦読の際自から-涌出するの思あらしむ/日本開化小史 卯吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あま‐み【甘味】
〘名〙 (「み」は程度、状態を表わす接尾語)
① 甘い味。甘いこと。また、その度合。あまさ。かんみ。
※俳諧・類題発句集(1774)秋「甘みなき薄に胡蝶あはれなり〈和及〉」
② 甘い味のもの。特に菓子。かんみ。
※落語・侍の素見(1896)〈四代目橘家円喬〉「ヲヲ向ふに見へるのは菓子屋だな、酒の跡で甘味と云ふ物も甘(うめ)へものだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐み【甘味】
〘名〙
① あまい味。あまみ。うまい味。うまみ。また、その食べ物。〔文明本節用集(室町中)〕
※咄本・多和文庫本昨日は今日の物語(1614‐24頃)「宵に食ふたる菜漬の味のかんみを忘れかねて」 〔晉書‐畢卓伝〕
② 物事の味わい。面白さ。うまみ。
※羅葡日辞書(1595)「Melliloquus〈略〉Canmi(カンミ)アル ヤウニ モノヲ ユウ ヒト」
③ 慰め。
※コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)一「ゼンノ ミチニ タチイリタラン ヒトワ ゴヲシエニコモル フカシギノ canmiuo(カンミヲ) ヲボユベシ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甘味」の用語解説はコトバンクが提供しています。

甘味の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.