Rakuten infoseek

辞書

瓦斯【ガス】

デジタル大辞泉

ガス【瓦斯】
気体。「ガス状星雲」
燃料用の気体。特に、都市ガスのこと。「ガスを引く」「ガス管」
毒ガス」の。「ガスマスク」
濃い霧。「山頂付近にガスがかかる」
ガソリンのこと。「ガス欠」
ガス焜炉(こんろ)」の略。「鍋をガスにかける」
ガス糸」の略。
おなら。屁(へ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ガス【瓦斯】
広く気体一般をさす。 「水素-」 「排気-」
特に、毒性のある気体。 「 - マスク」
燃料として使われる気体。都市ガス・プロパンガスなど。
海・山などに出る濃い霧。 [季] 夏。 「 -がかかる」
おなら。屁。
ガソリンのこと。 「 -欠」
「ガス台」「ガスこんろ」の略。 「やかんを-にかける」
「ガス灯」の略。
「ガス糸」の略。 〔以外は「瓦斯」とも書く〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガス【瓦斯】
〘名〙 (gas 「瓦斯」はその音訳字)
① (広く)気体状の物質。特に、爆発の危険性や毒性のあるものについていう場合が多い。
※植学啓原(1833)三「又有瓦斯(ガス)、貯植液於玻瓈壜、密塞其口、瓦斯強欲散逸、壜往々破裂」
※舎密開宗(1837‐47)内「諳模尼亜(アムモニア)の本相は瓦斯なり」
② 石炭ガス、天然ガス、プロパンガス等の燃料用ガス。特に、ガス会社からガス管によって各戸に供給される都市ガスをいう。
※雪後(1926)〈梶井基次郎〉二「水道や瓦斯(ガス)のない不便さに」
③ 「どくガス(毒━)」の略。「ガスマスク」「ガス室」
④ 霧。
(イ) (北海道の海岸地方で)海の方からやってくる濃い霧。《季・夏》
※断橋(1911)〈岩野泡鳴〉一一「その間に、ガス深い釧路まで行って見たくなった」
(ロ) 海にかかる霧。海霧(かいむ)
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「重い冷たい潮霧(ガス)が野火(のび)の煙のやうに濛々と南に走って」
(ハ) 山にかかる霧。おもに登山者がいう語。
※山峡風物誌(1948)〈井伏鱒二〉「富士山を見に来なすったんだらうが、このガスでは、今日はもう見えないよ」
⑤ 消化器内にたまった気体。おなら。屁(へ)
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉一「そのうち胃の処が瓦斯か何かで一杯になった」
⑥ 「ガスとう(━灯)」の略。
※頭書大全世界国尽(1869)〈福沢諭吉〉三「夜は三十六万の瓦斯(ガス)の燈火燿きて」
⑦ 「ガスいと(━糸)」の略。
※破垣(1901)〈内田魯庵〉一「なにしろ瓦斯だって糸が交(はい)ってるから柄も好いし二両は出るだらう」
※桑の実(1913)〈鈴木三重吉〉二四「お茶を入れるためのお湯を瓦斯にかけた」
⑨ (爆発するところから) 怒りのことば。しかることば。こごと。
※落語・蛇の目の傘(1900)〈初代三遊亭金馬〉「叱言(ガス)の出ないうちに、早く逃亡(かけおち)すリャア宜かった」
⑩ ガソリンをいう。「ガス欠(けつ)
※黒い環(1967)〈石原慎太郎〉戸倉「車に乗っていず、ガスを買いそうにもない俺に向って」
[語誌](1)ベルギーの科学者ファン=ヘルモント(一五七九‐一六四四)の造語で、ギリシア語のカオス(khaos 混沌の意)を基にしたといわれている。
(2)日本への紹介は、江戸時代末期の蘭学者による。最も早い時期の例としては挙例の「植学啓原」「舎密開宗」があり、大気とは区別される気体としてとらえられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瓦斯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瓦斯の関連情報

他サービスで検索

「瓦斯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.