Rakuten infoseek

辞書

【ウリ】

デジタル大辞泉

うり【×瓜】
ウリ科の植物のうち、実を食用にするものの総称。キュウリシロウリスイカメロンカボチャなどで、特にマクワウリをいう。 夏》「葉がくれの―と寝ころぶ子猫かな/一茶
ウリ科の双子葉植物総称性(つるせい)の一年草で、まれに低木。主に単性花。実を食用にするもののほかに、カラスウリスズメウリゴキヅルアマチャヅルなども含まれる。
紋所の名。陰の瓜、捻瓜など。瓜紋(かもん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か【瓜】[漢字項目]
人名用漢字] [音]カ(クヮ)(漢) [訓]うり
〈カ〉
植物の名。ウリの総称。「瓜田甜瓜(てんか)
(「瓜」の文字分析から)女の十六歳。または、男の六十四歳。「破瓜
〈うり〉「烏瓜(からすうり)白瓜苦瓜真桑瓜(まくわうり)
[難読]野木瓜(あけび・むべ)南瓜(カボチャ)胡瓜(きゅうり)黄瓜(きゅうり)西瓜(すいか)冬瓜(とうがん)糸瓜(へちま)木瓜(ぼけ)甜瓜(まくわうり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うり【瓜】
ウリ科の植物の総称。野生の種類のほか、多くの栽培種がある。キュウリ・スイカ・カボチャ・ヒョウタン・カラスウリなど。 [季] 夏。
特に、マクワウリ・シロウリなど食用になるウリ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

瓜 (ウリ)
植物。白瓜・甜瓜などのウリ科蔓性植物の総称,または甜瓜の古名

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うり【瓜】
〘名〙
① ウリ科のつる性草本、またはその果実の総称。キュウリ、スイカ、トウガン、カボチャ、カラスウリ、ニガウリなど。古くは特にマクワウリをいった。ふり。《季・夏》
▼うりの花《季・夏》
※万葉(8C後)五・八〇二「宇利(ウリ)(は)めば 子供思ほゆ 栗食めば まして偲(しぬ)はゆ」
② 紋所の名。陰の瓜、黒餠(こくもち)に瓜、捻瓜などがある。かもん(瓜紋)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふり【瓜】
〘名〙 =うり(瓜)
※春曙抄本枕(10C終)一三六「うつくしき物、ふりに書きたる稚児の顔」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瓜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.