Rakuten infoseek

辞書

環礁【かんしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

環礁
かんしょう
atoll
ドーナツ状に,中央部に島のないサンゴ礁。やや小高い部分もあるが,輪郭の大部分は海抜数m程度で,波で砕かれた岩片が打寄せられて現れた礁原が,環状を呈する。礁原の幅は 100mぐらいで,大波のときには礁原が洗われることもある。中央の礁はごく浅いが,礁原が切れた水道で外海と通じる。外海側の環礁の斜面は,かなりの深さまで 45°以上の傾斜のことがある。環礁はおもに太平洋南部とインド洋に分布し,大きなものは径が 60kmをこえるものもあり,マーシャル諸島に特に多い。環礁の成因については,C.ダーウィンが 1842年に発表した説がある。ダーウィンは火山島のまわりの裾礁 (きょしょう) が沈降し,火山島から離れた堡礁となって成長し,中央部の火山島も海面下に没して環礁ができたと考えた。近年の各地のサンゴ礁試錐調査や人工地震による調査で,この考えを裏づける資料が得られている。試錐ではフナフチ環礁が約 350mまで,ビキニ環礁が約 800mまで,全部がサンゴ礁などの石灰岩であることがわかった。 1960年のエニウェトク環礁試錐では約 1300~1400m下に玄武岩が出て,火山島が確認された。一方人工地震による調査では,ビキニ環礁も約 1300mの深さに火山島があるとみられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐しょう〔クワンセウ〕【環礁】
環状をした珊瑚礁(さんごしょう)。内側は礁湖となる。太平洋およびインド洋にみられる。「ビキニ環礁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんしょう【環礁】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

かんしょう【環礁】
環状の珊瑚礁さんごしよう。内側は礁湖となって浅く、外側は外洋で深い。ほとんどが太平洋・インド洋の熱帯海域に分布。 「ビキニ-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

環礁
かんしょう
礁湖とよばれる潟湖(せきこ)を取り巻いて環状に発達したサンゴ礁地形。水深30メートルないし100メートルで、湖中には島がみられない。環礁はサンゴ礁やその破片で構成され、その高さは数メートル、幅は数百メートル程度で、高波が洗うことがある。環礁の外洋部は急斜して深海に接し、礁湖と外洋とは細長い水路で連絡する。環礁の成因は、火山島の沈降過程で、サンゴが上方に成長して形成されたと考えられる。[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環礁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

環礁の関連情報

他サービスで検索

「環礁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.