Rakuten infoseek

辞書

環境破壊【かんきょうはかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

環境破壊
かんきょうはかい
environmental destruction
自然破壊,環境汚染または公害など人間活動によって自然や都市などの環境がそこなわれる現象をいう。人間は環境の影響を受けながら生命を維持しているが,同時に生活活動のなかで環境にさまざまな変化を与えている。その変化が一定限度をこえて生態学的均衡に影響を及ぼす状態が環境破壊である。環境破壊の例としては,森林破壊酸性雨オゾン層の破壊大気汚染地球温暖化土壌汚染海洋汚染水質汚濁などがあげられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんきょうはかい【環境破壊】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

環境破壊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

環境破壊の関連情報

他サービスで検索

「環境破壊」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.