Rakuten infoseek

辞書

琴線【キンセン】

デジタル大辞泉

きん‐せん【琴線】
琴の糸。
心の奥深くにある、物事に感動・共鳴しやすい感情を琴の糸にたとえていった語。「心の琴線に触れる言葉」
[補説]2は、「琴線に触(ふ)れる」で成句となり、良いものに感銘を受ける意で使う。近年は、誤って、不愉快になる意で用いることがあるが、その意味では「気に障る」「癪(しゃく)に障る」などの表現がある。→琴線に触れる補説

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きんせん【琴線】
琴に張ってある糸。
外界の事物に触れてさまざまな思いを引き起こす心の動きを琴の糸にたとえた語。 「心の-に触れる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐せん【琴線】
〘名〙
やバイオリンなど、弦楽器の糸。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「つよく張った琴の一部丈がきらきらと白く眼に映ります」
② (物事に感動する情を琴の糸にたとえていう) 人間の心の奥深くにある感じやすい心情。感動し共鳴する心情。
※抒情詩(1897)独歩吟〈国木田独歩〉序「当時火の如かりし自由の理想を詠出し、永く民心の琴線に触れしめたる者あらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琴線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

琴線の関連情報

他サービスで検索

「琴線」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.