Rakuten infoseek

辞書

琉球表【リュウキュウオモテ】

デジタル大辞泉

りゅうきゅう‐おもて〔リウキウ‐〕【×琉球表】
麻糸を縦とし、シチトウの茎を横として織った畳表。じょうぶで耐久性がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうきゅうおもて【琉球表】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゅうきゅうおもて【琉球表】
畳表の一種。麻糸を縦とし、シチトウの茎を横として織ったもの。じょうぶで耐久力に富む。七島表。琉球ござ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

琉球表
りゅうきゅうおもて
琉球藺(い)(別名七島(しちとう)藺)を素材につくられた莚(むしろ)や畳表、茣蓙(ござ)などの通称。備後(びんご)表に比べて外観は劣るものの強靭(きょうじん)であるため、柔道場の畳や庶民の莚、茣蓙に広く利用された。琉球藺を麻糸で織ったものであるが、古くはユウナ(オオハマボウ)の樹皮から得られる繊維糸で織られ、沖縄では船の帆としても用いられていた。沖縄では1960年代まで琉球藺が盛んに栽培されていたが、合成繊維製の莚が普及したためほとんど栽培されなくなり、現在では大分県で90ヘクタールほど栽培されているのが目だつ程度である。[高良倉吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅうきゅう‐おもて リウキウ‥【琉球表】
〘名〙 畳表の一種琉球産の灯心草で織るもの。丈夫で耐久力があり、荷の上包みにも用いる。また、七島(しちとう)で織ったものをもいう。琉球むしろ。琉球ござ。琉球ごも。琉球畳。
※談義本・教訓雑長持(1752)三「琉球表(リウキウオモテ)の切る程畳算置て見て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

琉球表」の用語解説はコトバンクが提供しています。

琉球表の関連情報

他サービスで検索

「琉球表」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.