Rakuten infoseek

辞書

理髪【リハツ】

デジタル大辞泉

り‐はつ【理髪】
[名](スル)
頭髪を刈って整えること。調髪。
元服または裳着(もぎ)のとき、頭髪の末を切ったり結んだりして整えたこと。また、その役。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りはつ【理髪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りはつ【理髪】
スル
主に男子の頭髪を刈り、形を整えること。調髪。散髪。 → 理容
昔、元服や裳着もぎの時に、頭髪を整えて成人の髪形に結うこと。また、その役に当たる人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

り‐はつ【理髪】
〘名〙
① 髪をくしけずり整えること。髪の毛を切ったり結ったりして整えること。調髪。整髪。
※猪隈関白記‐正治元年(1199)一〇月一五日「理髪具 末 額 鬘二流 簪 釵子 彫櫛二枚 本結 日蔭鬘」
※古川ロッパ日記‐昭和九年(1934)三月一九日「浅草で理髪し、〈略〉中西でランチを食ひ」 〔晉書‐謝安伝〕
② 元服または裳着(もぎ)のとき、童髪(わらわがみ)から成人の髪に結うこと。男子は髻(もとどり)を作って結髪(ゆいがみ)とし、女子は末(すえ)・額(ひたい)を加えて髪上(かみあげ)をする。また、その役。〔西宮記(969頃)〕
③ 僧侶が還俗して髪をたくわえること。
※応仁記(15C後)一「義政将軍〈略〉御連枝浄土寺御門跡を還俗させ申されて、〈略〉理髪事夢々有まじき由御返事有ければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

理髪
りはつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

理髪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

理髪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.