Rakuten infoseek

辞書

理せめて【ことわりせめて】

大辞林 第三版

ことわりせめて【理せめて】
条理を尽くして。 -説けども屈せず/読本・八犬伝 4
道理から推して当然で。もっともなことで。 なほせきかぬる感涙は-哀れなり/浄瑠璃・百日曽我

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ことわり【理】 せめて
① 道理を尽くして。理ぜめにして。
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)五「耻は跡に残りし物と断(コトハ)りせめて心を沉(しづめ)させ」
② 道理からおして。道理がきわまって。はなはだもっともで。
※浮世草子・武道伝来記(1687)五「此姫君の御断(コトハリ)せめて、永離の御愁歎」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

理せめて」の用語解説はコトバンクが提供しています。

理せめての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.