Rakuten infoseek

辞書

【きゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


きゅう
sphere
定点Cから等距離 r にある空間内の点全体の集合をいう。Cを球の中心,r を半径という。球はまた,円を直径のまわりに1回転して得られる回転面と考えてもよい。直交座標系 O-xyz に関する球の方程式は,中心Cの座標を ( abc ) とすれば,
(xa)2+(yb)2+(zc)2r2……(1)
で与えられる。中心Cが原点にある場合は,Cの座標は (0,0,0) であるから,方程式は
x2y2z2r2……(2)
である。また次の不等式
(xa)2+(yb)2+(zc)2r2……(3)
を満足する点全体を球ということもある。このときは,(1) を満たす点 ( xyz ) の全体を球面といい,(3) を球体という。球の表面積 S およびそれで囲まれる球体の体積 V は,それぞれ S=4πr2V=4πr3/3 で与えられる。ただし r半径,πは円周率である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅう〔キウ〕【球】
丸いもの。たま。
空間の一定点から一定の距離にある点の軌跡。その定点を球の中心、一定距離を球の半径という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゅう【球】[漢字項目]
[音]キュウ(キウ)(漢) [訓]たま
学習漢字]3年
まるい形のもの。「球形球根球体眼球気球血球結球地球天球電球
まり。ボール。また、ボールを用いる競技。「球威球技球戯硬球蹴球送球速球卓球庭球捕球野球
野球。「球界球場球団

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

堆積岩の球および球状構造で,鉄鉱石石灰岩砂岩などの団塊のようなもの[Arkell & Tomkeieff : 1953].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅう【球 sphere】
空間において,1定点から一定の距離にある点の全体を球面または球といい,定点をその中心という。中心と球面の点を結ぶ線分またはその長さを半径といい,球面の2点を結ぶ線分が中心を通るとき,この線分またはその長さを直径という。中心からの距離が半径より小さい点の全体を球面の内部,大きい点の全体を球面の外部という。球面とその内部を合わせたものも球と呼ばれる。球面を平面で切れば切口は円となる。この円を平面が中心を通るときには大円といい,そうでないときには小円という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅう【球】
[1]
丸いもの。たま。
ある点から一定の距離にある点の全体がつくる空間図形。 → 球面
接尾
助数詞。野球などで、投手がボールを投げた回数を数えるのに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


きゅう
sphere
空間において1点から一定の距離にある点全体の集合を球または球面といい、球によって囲まれる立体を球体という。点Aからの距離がrである点全体の集合として得られる球に対して、Aをその中心、rをその半径という。球の中心を通る直線と球とが交わる2点を対心点(または直径対点)といい、対心点を両端とする線分(またはその長さ、すなわち半径の2倍)をその球の直径という。球の中心を通る平面と球との交線を、その球の大円といい、中心を通らない平面と球との交線を小円という。球上の2点を結ぶ最短線は大円の一部である。
 (x, y, z)を直交座標とするとき、中心が(a, b, c)で半径がrの球の方程式は
  (x-a)2+(y-b)2+(z-c)2=r2
であり、この球によって囲まれる球体は不等式
  (x-a)2+(y-b)2+(z-c)2≦r2
を満たす。半径rの球の表面積は4πr2であり、半径rの球体の体積は(4/3)πr3である。半径rの球の表面積はそれに外接する直円柱の側面積に等しい(の(1))。また半径rの球から間隔dの平行平面で切り取られる部分(の(2))の面積は2πrdである(平行平面の位置に関係なくその間隔だけで決まる)。
 なお、小学校の教科書には「どこから見ても丸く見える図形を球という」と書かれている。これを厳密に述べれば「曲面S上にない任意の点Pについて、PとS上の点とを結ぶ直線全体の集合がPを頂点とする円錐(えんすい)をなすときSを球という」となる。これが球の自然な定義である。これに対して「空間において1点から一定の距離にある点全体の集合を球という」は論理的な定義である。この二つの定義は同値であるが、その証明はやさしくはない。[荻上紘一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう キウ【球】
〘名〙
① まりのように丸いもの。たま。「電球」「地球」
② 空間における、一定点から等距離にある点全体から成る曲面(球面)、あるいはそれによって囲まれた立体(球体)。〔医語類聚(1872)〕
※小学読本(1873)〈田中義廉〉二「太陽は、大なる球にて、世界に、光と熱を与ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

球の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.