Rakuten infoseek

辞書

【アラ】

デジタル大辞泉

あら【現】
[接頭]名詞に付いて、目に見える形をもつ、現にこの世に存在する、の意を表す。「人神(あらひとがみ)」「神(あらがみ)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うつつ【現】
この世に現に存在しているもの。現実。夢・虚構などに対していう。「夢かか幻か」
意識の正常な状態。正気。「に返る」
《「夢うつつ」「夢かうつつか」などの形で用いられるところから誤って》夢とも現実ともはっきりしない状態。夢見心地。夢心地。
「昨今の―は事実かも知れないと思った」〈漱石草枕
現実に生きている状態。現存。死に対していう。
「―の人々の中に忍ぶることだに、隠れある世の中かは」〈手習

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おつつ〔をつつ〕【現】
現在。うつつ
「今の―に尊きろかむ」〈・八一三〉
[補説]助詞「に」に続くときは「おつづに」と濁音化することもあった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん【現】
(連体詞的に用いて)現在の。今の。「政府」「段階」「チャンピオン」
現世(げんせ)」の略。「過未」
「あまねく―には千幸万福に楽しみて」〈盛衰記・三九〉
現に

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん【現】[漢字項目]
[音]ゲン(呉) [訓]あらわれる あらわす うつつ うつし
学習漢字]5年
〈ゲン〉
見えなかったものが見えてくる。あらわれる。あらわす。「現象具現再現実現出現体現表現
今。まのあたり。実際の。「現行現在現実現状現代現地現物
〈うつつ〉「夢現
[名のり]あり・み
[難読]現津神(あきつかみ)現人神(あらひとがみ)現身(うつしみ)現世(うつしよ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あら【現】
( 接頭 )
名詞に付いて、世に現れている、目に見えている、の意を表す。 「 -人神」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うつし【現】
(形容詞「うつし」の語幹)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うつつ【現】
(夢に対して)目がさめている状態。現実。 「夢か-か幻か」
正常な心の状態。正気。本心。 「 -にかえる」
(「夢うつつ」の形で使われることから誤って)夢見心地。半覚醒。 「『…、お吸物が冷めます。』と言ふのを-に聞きながら/多情多恨 紅葉
(死に対して)生きている状態。 「 -にありしやうにてありと見て/更級」
[句項目] 現を抜かす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おつつ【現】
〔上代では「おつづ」〕
今。うつつ。 「いにしへゆ今の-に/万葉集 3985

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん【現】
今、実際に存在すること。 「 -にここにある」
現在その地位にあること。 「無所属-」
漢語の上に付いて連体詞的に用いる。今の。現在の。 「 -政府」 「 -執行部」
現世。 「普あまねく-には千幸万福に楽しみて/盛衰記 39
実際にある物。本物。 「 -の山伏ならば、よも関手をばなさじ/義経記 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あら【現】
〘語素〙 名詞の上について、世に現われている、目に見える形で存在する意を表わす。「現神(あらがみ)」「現人神(あらひとがみ)」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おつつ をつつ【現】
〘名〙 (「うつつ(現)」と同語源。上代「に」に続くときは「をつづに」と下の「つ」は濁音化したといわれる) 今。現在。現実。うつつ。
※万葉(8C後)五・八一三「ながら 神さび坐す 奇魂(くしみたま) 今の遠都豆(ヲツツ)に 尊きろかむ」
※良寛歌(1835頃)「おつつにも夢にも人の待たなくに訪ひ来るものは老にぞありける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん【現】
〘名〙
① この世に実際に存在していること。また、現在の段階で該当すること。実在。現実。現在。連体詞的にも用いられる。
※義経記(室町中か)七「判官ならば仔細を知らずして関手をなして通らんと急ぐべし。げんの山伏ならば、よも関手をばなさじ」
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の人生観「僕らはこの現社会なるものを離れてこの世に生きる事の出来ない」
② 「げんせ(現世)」の略。
※源平盛衰記(14C前)三九「普(あまね)く現(ゲン)には千幸万福に楽しみて、当(たう)には補陀洛山に生まれんと誓ひ給へる寺なりけり」
③ ちょうどその場にあること。ありあわせること。
④ 「げんぶつ(現物)」の略。〔取引所用語字彙(1917)〕
⑤ 「げんしょく(現職)」の略。議員選挙などの際に用いる。「自民現」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん・じる【現】
〘自他ザ上一〙 動詞「げんずる(現)」の上一段化した語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん‐・ず【現】
〘自他サ変〙 ⇒げんずる(現)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げん‐・ずる【現】
[1] 〘自サ変〙 げん・ず 〘自サ変〙 見えていなかったものや、存在しなかった物事などが、見えるようになる。
① 隠れていた物事が、はっきり見えるようになる。表面に現われる。
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)二「盤許りの大なる光有り。現し已りて還りて滅しぬ」
② 仏語。神仏、霊魂やその霊験が現われる。示現する。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「薬師仏げむじ給ふとて、多くの人まうでたまふ」
③ それまでなかったものが出現する。
※大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)一〇「正しく虹の現せし象に符(かな)へり」
[2] 〘他サ変〙 げん・ず 〘他サ変〙 見えていなかったものや、存在しなかった物事・状況などを、はっきり見えるようにする。
① 隠れていた物事を、見えるようにする。表面に現わす。
※大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)一〇「北宮に疾(やまひ)を現せし時」
※平家(13C前)一「既に十二三にならむずる者が、〈略〉か様に尾籠を現じて、入道の悪名をたつ」
② 神仏、霊などが霊験を現わす。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「すべて仏の現し給へる所なれば」
③ 単に、ある状況を呈する。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉一〇「場内毎日立錐の余地なき盛況を現(ゲン)ぜしにても知らるべし」
[語誌](1)類義の和語動詞に「あらはす」「あらはる」があるが、「現ずる」には、「仏教と関わる」「可視的である」といった意義特徴がある。
(2)中世になると、仏教とは無関係な意味で使用される例も散見されるようになるが、会話文中に限って認められるという特徴があり、漢語が日常語化することによって生じた派生的意味用法であると言えよう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

現の関連情報

他サービスで検索

「現」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.