Rakuten infoseek

辞書

現実【ゲンジツ】

デジタル大辞泉

げん‐じつ【現実】
いまの前に事実として現れている事柄や状態。「現実」「現実を直視する」「現実に起きてしまった事故」⇔理想

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げんじつ【現実】
今、現に事実として存在している事柄・状態。 ⇔ 理想 きびしい-を直視する 理想と-との違い -に起こった事件
現に事実として与えられていること。また、そのもの。
理想に対してその素材や障害となる日常的・物質的なもの。現状。
理想
現に存在し活動するもの。想像・虚構や可能性ではなく、現に成り立っている状態。実際の存在。実在。
実現すること。 光明より流れ出づる趣味を-せん事を要す/野分 漱石 哲学字彙(1881年)に英語 actuality の訳語として載る。英語 reality の訳語としても用いる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐じつ【現実】
〘名〙 (actuality, reality の訳語)
① (空想、理想などに対して) 事実として目の前にあらわれているものごとや状態。また、現在、実際に存在していること。〔布令字弁(1868‐72)〕
※波の音(1907)〈国木田独歩〉一「自分は空想の浜から現実(ゲンジツ)の浜に出た」
② (━する) 実現すること。
※野分(1907)〈夏目漱石〉五「光明より流れ出づる趣味を現実(ゲンジツ)せん事を要す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現実」の用語解説はコトバンクが提供しています。

現実の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.