Rakuten infoseek

辞書

現代劇【げんだいげき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

現代劇
げんだいげき
contemporary drama
主として第2次世界大戦後の実存主義演劇不条理演劇を含む,各国の演劇一般をさす。イプセンによって代表される近代劇においては,「何が,いつ,どこで起り,いかに解決されるか」ということがドラマの根本であったが,現代劇においては,登場人物の行動の動機づけもなければ,プロットの展開もない,したがって解決もない,反リアリズム的傾向の作品が少くない (→前衛演劇 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんだい‐げき【現代劇】
演劇・映画などで、現代に題材をとったもの。⇔時代劇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんだいげき【現代劇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんだいげき【現代劇】
現代の風俗・世相感情・思想などを素材とした劇。 ⇔ 時代劇

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんだい‐げき【現代劇】
〘名〙 現代の問題を主題とした演劇。または、現代人の趣向にあわせるために上演される新作の劇。また、近代劇以後の演劇。特に第一次世界大戦以後現代に至るまでに興った世界各国の演劇の総称。
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉一一「めいめいが勝手な解釈をする現代劇の演出と違って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

現代劇の関連情報

他サービスで検索

「現代劇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.