Rakuten infoseek

辞書

現人神【あらひとがみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

現人神
あらひとがみ
明津御ともいう。人の姿となってこの世にれる神としての天皇。また非業の死をとげ,神として現れる人をもいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あらひと‐がみ【現人神/荒人神】
《この世に人間の姿をして現れた神の意から》天皇の称。あきつかみ。あきつみかみ。
随時、姿を現して、霊験あらたかな神。特に住吉北野の神などをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらひとがみ【現人神】
人の姿をとって現れる神を味し,特に霊威のいちじるしい神についていう。古代では葛城一言主神(かつらぎのひとことぬしのかみ)や八幡神(はちまんしん)および航海神である住吉大神がそう呼ばれ,中古以降には菅原道真(北野天神)をはじめとする御霊神(ごりようしん)をさすことが多い。後者の場合そのたたりのすさまじさから〈荒人神〉の意も含まれている。皇もまた現人神とされたが,天皇には〈明(現)神(あきつかみ∥あきつみかみ)〉が公式の称号として多く用いられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

現人神
あらひとがみ
人の姿をした神の意。『日本書紀』の景行(けいこう)天皇の条には、日本武尊(やまとたけるのみこと)が「吾是現人神之子也」といわれたとある。明御神(あきつみかみ)の類語。普通、天皇をさすが、天皇以外に用いられることもある。自ら現人神であると名のった奈良県葛城(かつらぎ)山の一言主神(ひとことぬしのかみ)や、住吉(すみよし)神を荒人神(あらひとがみ)とよんだ例などがある。[大原康男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

現人神
あらひとがみ
神格化された天皇
天皇は人間でなく神であるとする思想で,天武・持統天皇治世期に生まれ,『万葉集』にも「大君は神にしませば……」と歌われている。治維新以降,国家神道教育勅語などで天皇の神性がいっそう強調され,敗戦まで続いた。戦後の1946年天皇みずから「人間宣言」を発して神格を否定した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現人神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

現人神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.