Rakuten infoseek

辞書

班彪【ハンピョウ】

デジタル大辞泉

はん‐ぴょう〔‐ペウ〕【班彪】
[3~54]中国後漢歴史家班固班超班昭兄妹の前漢の歴史書編纂を企てたが、数十編を作ったのみで。班固・班昭が後を継いで「漢書」を完成した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんぴょう【班彪 Bān Biāo】
3‐54
中国,後の学者・文人。班固班超班昭たちの父。字は叔皮。扶風安陵(陝西省咸陽市)の人。王莽(おうもう)末期の動乱時代に甘粛省の天水地方に拠った隗囂(かいごう)に身をよせたとき,《王命論》を著して隗囂の天下統一の野望に水をさした。後漢王朝が創業されると,《史記》の体例と史観を批判しつつその続編となるべき《後伝》の執筆に専念,本紀と列伝から構成された《後伝》は班固の《漢書》にとりこまれた。【吉川 忠夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はんひょう【班彪】
3~54 中国、後漢の歴史家。字あざなは叔皮。班固・班超・班昭の父。光武帝のとき、「史記」の後をうけて前漢の歴史編纂を企てたが途中で没した。班固さらに班昭が継いで「漢書」を完成。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

班彪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

班彪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.