Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

珪酸【ケイサン】

デジタル大辞泉

けい‐さん【×珪酸】
珪酸ナトリウム主体水ガラス塩酸を加えると生じる白色ゼラチン状の物質。さらに加熱脱水したものがシリカゲル
二酸化珪素の俗称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐さん【珪酸】
〘名〙
① 珪酸ナトリウムの溶液に酸を加えて得られる、白い膠状物質。オルト珪酸 H4SiO4 やメタ珪酸 H2SiO3 など xSiO2・yH2O であらわされる組成不定の化合物。コロイド珪酸。
② 二酸化珪素の俗称。乾燥剤、吸着剤、触媒担体などに用いる。シリカ。無水珪酸。〔工学字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

珪酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

珪酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.