Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

珍味【チンミ】

デジタル大辞泉

ちん‐み【珍味】
珍しい味。めったには味わえない、変わったうまい食物。「山海の珍味」「珍味(かこう)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

ちんみ【珍味】
めったにない、珍しくおいしい食べ物。さきいかやいかのくんせい、チーズたら、ビーフジャーキーナッツなど、乾き物を主とした酒の肴(さかな)に向く加工食品をいうこともある。◇フォアグラ・トリュフ・キャビアが世界三大珍味とされる。また、江戸時代には、三河(現在の愛知県)のこのわた、長崎のからすみ、越前(現在の福井県)のうにが天下の三珍とされた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちん‐み【珍味】
〘名〙 めずらしい味。めったにないほどのよい味。また、その食物。
※北山抄(1012‐21頃)三「太政大臣家饗用陸海珍味常」
※俳諧・五七記(1760)芭蕉翁行脚掟「美食珍味にふける人は」 〔新唐書‐穆員伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

珍味」の用語解説はコトバンクが提供しています。

珍味の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.