Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

珊瑚集【さんごしゅう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

珊瑚集
さんごしゅう

永井荷風(かふう)の訳詩集。1913年(大正2)籾山(もみやま)書店刊行の初版では、訳詩38編のほか、モーパッサン、ロチ、プレボーなどの紹介、翻訳、評論など9編を収録。19年春陽堂版『荷風全集』収録以後、訳詩のみで編集、この名が冠せられている。外遊を通じて得られた19世紀末フランス文学への理解と詩人的稟質(ひんしつ)、言語感覚との結合による所産である。ボードレール、ベルレーヌ、レニエ、ノアイユ夫人、サマンなどのフランス近代詩人の作品を自己の趣味に即して選び、味わいのある訳詩集の世界を構築しており、上田敏(びん)の『海潮音』(1905)とは別の意味で、北原白秋(はくしゅう)、三木露風(ろふう)ら同時代の若い詩人に影響を与えた。日本近代文学館刊の復刻版がある。

[竹盛天雄]

『『珊瑚集』(岩波文庫)』『『荷風全集11』(1971・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんごしゅう〔サンゴシフ〕【珊瑚集】
永井荷風による翻訳詩集。大正2年(1913)刊行。ボードレールベルレーヌレニエなど、フランスの近代詩人の作品、38編を収める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

珊瑚集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

珊瑚集の関連情報

関連キーワード

牧野省三カフカセネットドビュッシーバルカン戦争デトリングネグリチュードバルカン戦争バレーボール北マケドニア共和国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.