Rakuten infoseek

辞書

王建【おうけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

王建
おうけん
Wang Jian
[生]?
[没]太和4(830)?
中国,中唐の詩人。潁川 (河南省許昌) の人。字,仲初。大暦 10 (775) 年進士に及第,渭南 (陝西省) の尉となった。その後太府寺丞,秘書丞,侍御史を歴任して,太和年間に陝州 (河南省) の司馬となり,また辺境に従軍したこともある。韓愈の門下で,白居易,劉禹錫とも交際があった。楽府 (がふ) にすぐれ,友人の張籍とともに「張王楽府」と称され,なかには人民の苦しみをうたった作もある。宮女の生活をうたった『宮詞』が特に有名。花蕊 (かずい) 夫人,宋の王珪 (おうけい) の宮詞と合せた『三家宮詞』がある。詩集『王建詩集』 (10巻) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐けん〔ワウ‐〕【王建】
[877~943]朝鮮高麗(こうらい)太祖。在位918~943。高麗王朝を建てたあと、935年、新羅(しらぎ)を滅ぼして、翌年朝鮮半島を統一した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうけん【王建 Wáng Jiàn】
847‐918
中国,五代前の建国者。在位907‐918年。廟号は高祖。字は光図。許州舞陽(河南省舞陽県)の人。若いときは無頼の徒で,塩の密売などに従事し,〈賦王八〉とよばれていた。のちに忠武軍の兵卒ついで隊将となり,黄巣の討伐に参加。蜀に逃れていた唐の僖宗のもとに赴いて喜ばれ,観軍容使の宦官田令孜(でんれいし)(?‐893)の養子にされた。みずから求めて西川監軍となった田令孜に代わって,観軍容使となった楊復恭によって,四川の壁州刺史に任じられた王建は,亡命者などを糾合して勢力を築き,891年(大順2),成都によっていた西川節度使陳敬瑄と監軍の田令孜らを殺し,ついに唐から西川節度使に任ぜられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おうけん【王建 Wáng Jiàn】
?‐830?
中国,中唐の詩人。字は仲初。潁川(河南省)の人。大暦10年(775),進士に及第。官は陝州司馬に至った。韓愈と忘年の友の交わりを結んだ。友人の張籍とともに,楽府(がふ)体の詩にすぐれ,白居易らの新楽府運動と密接な関連をもつ。宮中の様子をうたった七言絶句〈宮詞〉100首を代表作とするが,民衆の生活に取材した作品も異彩をはなつ。《王建詩集》9巻が伝わる。【荒井 健】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おうけん【王建 Wang Kŏn】
877‐943
朝鮮,高麗王朝の創始者,太祖。在位918‐943年。祖先についてははっきりしないが,松岳(開城)地方に一定の勢力基盤をもち,海上貿易にも関係していた家系らしい。新羅末期,反乱軍の一首領弓裔(きゆうえい)に帰順してその部下となった。弓裔の部将として早くから軍事的才能を発揮したが,特に水軍活動において目ざましく,後三国期に弓裔の後高句麗国が西南海の海上権を掌握できたのは,もっぱら彼の功績による。909年に海軍大将軍となり,913年には侍中(首相)となったが,専制君主弓裔が暴君と化するや,918年,弓裔を放逐した諸将の推戴を受けて年号を天授と定め,王位についた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうけん【王建】
877~943) 朝鮮、高麗こうらいの建国者(在位918~943)。廟号びようごうは太祖。新羅しらぎ末の混乱期に後高句麗ごこうくりの水軍を率いて活躍。豪族の支持を受けて即位。935年新羅を併せ、翌年、後百済を破り朝鮮を統一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐けん ワウ‥【王建】
高麗の太祖(在位九一八‐九四三)。松岳(開城)に生まれた。高麗王となり、九三五年新羅を征服、九三六年には後百済を滅ぼし朝鮮全土を統一し、仏教を国教とした。(八七七‐九四三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王建」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王建の関連情報

関連キーワード

仮令・縦・縦使以て原油万多親王原油アンスガー如何にしてか況や犯・侵・冒

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.