Rakuten infoseek

辞書

玉髄【ぎょくずい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玉髄
ぎょくずい
chalcedony
SiO2石英の繊維状の潜晶質結晶が集って,球果状,鍾乳状などをなしたもの。脂肪光沢,透明ないし半透明,白,,淡青,褐色を呈する。硬度6,比重 2.55~2.63。コロイド状シリカがあまり高くない温度で結晶したもので,流紋岩質凝灰岩中にそろばん玉のような形で産するものは,一般にそろばん玉石と呼ばれる。美しい緑色のものは,飾石となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょく‐ずい【玉髄】
石英の微小な結晶からなる鉱物。透明または半透明で、色は白・灰・淡褐・赤・緑色など、含む不純物により異なる。美しいものは飾り石にする。カルセドニー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょくずい【玉髄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎょくずい【玉髄】
石英の微細な結晶の集合体。岩石の割れ目や空洞をみたし、放射状・葡萄ぶどう状などをなして産する。含有する不純物の色によって、紅玉髄・緑玉髄などと呼ばれ、飾り石にする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉髄
ぎょくずい
chalcedony
きわめて細かい粒状ないし繊維状の石英からできている鉱物。また、モガン石moganiteとよばれる石英と同質異像の鉱物を含んでいることもある(この鉱物は単斜晶系で、非常に微細な結晶の集合体としてのみ存在する)。普通は乳房状、ぶどう状で火山岩のすきまを満たしたり、内壁を覆うようにして産する。色は無色、赤、橙(だいだい)、緑、黄、黒色など各種のものがあり、いろいろな変種名がある。めのう、カーネリアン(紅玉髄)、クリソプレースなど飾り石として使用されるものもある。放散虫などの珪(けい)質遺骸(いがい)からできているチャートは、続成作用や弱い熱変成作用を受けて玉髄質となっていることが多い。玉髄は石英よりやや硬度が低く、比重も小さい。これは、超微細な小孔をもつ微小な石英からできているためである。日本では、新しい時代の火山岩に伴ってよく産する。北海道、本州日本海側、伊豆、小笠原(おがさわら)、九州など産地は多い。英名は小アジアにあった古代海岸都市カルケドンChalcedonにちなんで命名された。[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょく‐ずい【玉髄】
〘名〙 石英の一種。繊維状の結晶集合体で、白、灰、青、淡褐色、暗褐色、黒などの透明ないし半透明の脂肪光沢をもつ。流紋岩や凝灰質砂岩、金属鉱床などの脈石として産出。紅玉髄、緑玉髄、プラズマ、血玉髄、碧(へき)玉などがある。カルセドニー。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

玉髄
ギョクズイ
chalcedony

石英の微細な結晶が放射状に集まった球状,放射状,乳房状などのち密な集合体をいう.硬度6.密度2.55~2.63 g cm-3.脂肪光沢,透明ないし半透明で,乳白,白,灰,淡青,黒,褐色などの色を呈する.コロイド状のケイ酸が比較的低い濃度で結晶したものが多く,岩石のすきまなどを満たして産出することが多い.狭義には,色がほぼ一様なものを玉髄といい,色がしま状または同心球状のものをめのう,黒色または不透明暗色のものをチャート,同じくノジュール状のものをフリントとよび区別している.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉髄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉髄の関連情報

関連キーワード

二酸化ケイ素脱珪酸作用ケイ酸塩飽和シリコン窒化膜アルカリ石灰指数ニグリ値ラーセンの変化図蛇紋岩化作用酸性

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.