Rakuten infoseek

辞書

玉音【ギョクイン】

デジタル大辞泉

ぎょく‐いん【玉音】
玉のように清らかで美しい音や声。
相手を敬って、その音信や書信をいう語。
ぎょくおん(玉音)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょく‐おん【玉音】
天皇の声。ぎょくいん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぎょくいん【玉音】
玉のように清らかな音、または声。
ぎょくおん(玉音)に同じ。
相手の音信を敬っていう語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょくおん【玉音】
天皇の声。ぎょくいん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょく‐いん【玉音】
〘名〙 (「玉」は美称)
① 清く、美しい音、または声。ぎょくおん。
※洒落本・史林残花(1730)律暦志「頗按歌曲、玉音(ギョクイン)婉転。使聴者消魂断一レ腸」 〔曹植‐七啓〕
② 天子のおことば、または声。ぎょくおん。〔司馬相如‐長門賦〕
③ 相手を敬って、その書信や音信をいう語。〔楊億‐送劉秀洲詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょく‐おん【玉音】
〘名〙
※暁月夜(1893)〈樋口一葉〉六「琴のほまれは久方の空にも響きて〈略〉花に向って玉音(ギョクオン)を弄べば鶯ねを止めて節をや学びけん」
※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)三月二一日「此時桂総理大臣は〈略〉恭しく勅語書を捧げ、陛下御手づから之を執らせられ、玉音最と朗かに左の如く勅らせ給ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.