Rakuten infoseek

辞書

玉虫厨子【たまむしのずし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玉虫厨子
たまむしのずし
法隆寺に伝わる飛鳥時代の厨子。高さ 2.33m。国宝。宮殿形の厨子とそれを載せる須弥座 (しゅみざ) の2部分から成る。木製黒漆塗りで,要所は金銅透かし彫金具で飾られ,ことに宮殿形には透かし金具の下に玉虫羽根を伏せてあることからこの名がつけられた。宮殿形は正面と左右に両開きの扉をつけ,二天王二菩薩像を描き,内部には金銅押出像を張る。建築の細部にいたるまで,法隆寺金堂などにみられる飛鳥建築の様式をそなえている。須弥座の正面には舎利供養,背面に須弥山,右側に『捨身飼虎図 (しゃしんしこず) 』,左側に『施身聞偈図 (せしんもんげず) 』と,仏典に基づく画題彩漆 (いろうるし) で描かれている。内部の仏像は失われているが,飛鳥時代の建築,絵画,工芸史上貴重な遺品

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たまむしのずし【玉虫厨子】
法隆寺に伝世の,須弥座(しゆみざ)に宮殿形をのせた漆塗りの厨子。透し金具の下に玉虫の翅鞘を敷いていたことから《玉虫厨子》と呼ばれてきた。厨子の本尊仏は今は失われているが,内部の押出千仏像や漆塗りの扉,壁面などに,密陀絵で描かれた絵画や装飾文様はよく残っている。絵画は浄土図,須弥山図,仏供養図が須弥座腰板,宮殿背面に描かれ,扉には菩薩や天部の立像が描かれている。そして須弥座両側面に描かれた〈捨身飼虎(しやしんしこ)〉〈施身聞偈(せしんもんげ)〉の本生図は,異時同図法によって描かれた日本最古の説話画である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉虫厨子
たまむしずし
奈良法隆寺に伝わる飛鳥(あすか)時代の厨子。国宝。現在は同寺大宝蔵殿に陳列。寺伝では推古(すいこ)天皇(在位592~628)が念持仏を祀(まつ)るため、日常座右に置いたものといわれているが、今日の研究ではそれよりすこし下って7世紀中ごろの作と考えられている。
 木造、漆塗り、総高226.6センチメートル。宮殿の形をした厨子の部分と、四隅に木の角柱を立て、板をはめ込んだ須弥座(しゅみざ)、それに台座の三つの部分からなる。長押(なげし)、柱、框(かまち)などには唐草(からくさ)文を透(すかし)彫りした精巧な金銅製金具を付すが、宮殿部の金具の下に玉虫の翅鞘(ししょう)が張り巡らされてあったところからこの名があり、一部にその跡がある。宮殿部は単層入母屋造(いりもやづくり)で、正面と側面に扉をつけ、軒に雲形肘木(ひじき)を配し、屋根は錣葺(しころぶ)きで、鴟尾(しび)をあげている。宮殿内部はすべて銅板打出し、鍍金(ときん)の押出(おしだ)し千体仏坐像(ざぞう)が張り付けてあり、もとは仏像が安置されてあったとする説と、この千体仏自体が本尊であったとする説とがあるが、両説とも確証がない(現在は別の金銅仏を安置する)。正面扉の2枚に二天王像、左右側面4枚の扉に四菩薩(ぼさつ)像。また宮殿部背面に鷲頭山(じゅとうせん)の舎利塔と羅漢(らかん)が描かれている。
 須弥座の正面は舎利供養図、背面には『海竜王経』を典拠とする須弥山(しゅみせん)図を描く。また須弥座の向かって右側は「捨身飼虎(しゃしんしこ)図」、左側は「施身聞偈(せしんもんげ)図」、いずれも釈迦(しゃか)の前生の物語である本生譚(ほんじょうたん)(ジャータカ)から題材をとって描いたもの。とくにこの本生図は細い伸びのある線を用い、表現も簡潔で、構図のまとめ方にむだがなく、肉身の部分には白色と朱とを混ぜた荏油(えのあぶら)に、乾燥を早めるために密陀僧(みつだそう)(一酸化鉛)を塗ったいわゆる密陀絵と漆絵の手法を併用している。これらの板絵はわが国最古の本格的な絵画の遺品として貴重なばかりでなく、建築・工芸のうえでも重要な価値を有するものである。[永井信一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たまむし‐の‐ずし ‥ヅシ【玉虫厨子】
奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町の法隆寺にある宮殿型厨子。高さ約二・三メートル。飛鳥時代の作。柱などに打ちつけた金銅透(すかし)彫装具の下に玉虫の羽をはめ込んである。屋根は四注造の上に切妻造を重ねたような一種の入母屋造で錣葺(しころぶき)、雲肘木(ひじき)を用い、当時の建築様式を示す。周囲は黒漆地に赤・緑・黄の線描中心の絵が描かれ、特に下方の須彌(しゅみ)座左右に描かれた釈迦本生譚の捨身飼虎・施身聞偈の図は、同一画面中に時間的経過を表わす構図のすぐれたもの。国宝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

玉虫厨子
たまむしのずし
奈良の法隆寺にある飛鳥時代の厨子(仏像・経巻などを安置する箱)
国宝。 (ひのき) 造の宮殿型の厨子で,高さ2m余り。まわりの透彫 (すかしぼり) 金具の下に1万近い玉虫のがしかれていた。台座の黒漆の地に・緑・の3色で描かれた絵(捨身飼虎 (しやしんしこ) 図・施身聞偈図・舎利供養 (しやりくよう) 図など)はこの時代の遺品として貴重。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉虫厨子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉虫厨子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.