Rakuten infoseek

辞書

玉葉和歌集【ぎょくようわかしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玉葉和歌集
ぎょくようわかしゅう
鎌倉時代後期の第 14勅撰和歌集京極為兼撰。 20巻。応長1 (1311) 年為に伏見院の院宣が下り,翌正和1 (12) 年奏覧,改訂して正和2年完成。歌数 2801首。伏見院,藤原定家西園寺実兼,従二位為子 (為兼の姉) ,藤原俊成西行藤原為家永福門院,為兼らがおもな歌人。万葉時代と新古今時代,および為兼の同時代の作品を重視している。歌風は,叙景歌は客観的,写生的で,恋歌など抒情歌は心理的,観念的傾向が著しい。声調よりも印象の清新さをねらっており,のちの『風雅和歌集』とともに,十三代集のなかでは異彩放ち,玉葉・風雅歌風と呼ばれる。宮廷歌壇対立を反映して,反対派の二条派から『歌苑連署事書』 (15) などの論難書が発表されたが,近年は高く評価されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょくようわかしゅう〔ギヨクエフワカシフ〕【玉葉和歌集】
鎌倉時代の勅撰和歌集。20巻。伏見院ので、京極為兼(きょうごくためかね)が撰し、正和元年(1312)ごろ成立。歌数約2800首。風雅集とともに京極派の歌風を示すものが多い。玉葉集

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょくようわかしゅう【玉葉和歌集】
二十一代集〉中第14番目の勅撰和歌集。20巻。伏見院の院宣により1312年(正和1)に京極為兼が撰進。《玉葉集》と略称。後の《風雅和歌集》とともに,京極派の歌風を中心とする勅撰集として,《新古今集》以降の勅撰集のなかで異彩を放っている。当時の歌壇における二条・京極・冷泉3家の対立を背景に,本集の成立には複雑な経緯があり,伏見院ははじめ在位中の1293年(永仁1)に勅撰集の撰定を二条為世,京極為兼,飛鳥井雅有,六条隆博に諮問した(雅有は不参)が,撰定方針等をめぐり為世と為兼の間に対立を生じ,おりからの為兼の配流,隆博・雅有の物故もあり,この企図は中絶した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎょくようわかしゅう【玉葉和歌集】
第一四番目の勅撰和歌集。二〇巻。伏見上皇下命、京極為兼撰。1312年成立。歌数約二八〇〇首。「風雅和歌集」とともに、京極派歌人の集として、精緻な自然観照を本領とした歌風に特色がある。玉葉集。玉葉。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉葉和歌集
ぎょくようわかしゅう
第14番目の勅撰(ちょくせん)和歌集。20巻。京極為兼(きょうごくためかね)撰。第92代伏見(ふしみ)天皇は為兼の革新的歌風を好み、在位中の1293年(永仁1)為兼、二条為世、飛鳥井雅有(あすかいまさあり)、九条隆博(たかひろ)の4名に勅撰集撰進を命じたが、98年為兼佐渡配流、天皇退位、続いて隆博、雅有も没して事業は中絶した。1308年(延慶1)花園(はなぞの)天皇が践祚(せんそ)、伏見院はふたたび為兼独撰による撰集を企図した。為世はこれに異議を申し立て、為兼との間に『延慶両卿訴陳状(えんきょうりょうきょうそちんじょう)』として知られる大論争を繰り広げ、冷泉為相(れいぜいためすけ)も撰者を希望して事態は紛糾したが、結局11年(応長1)5月3日為兼独撰が下命され、翌12年(正和1)3月28日奏覧、なお補訂を加えて13年10月に完成した。
 歌数は二十一代集中もっとも多い2801首、撰歌範囲は古代から当代に至るが、とくに京極派歌人詠とその先蹤(せんしょう)となった万葉歌、新古今歌人詠に重点を置き、大覚寺統、二条派は軽視する。主要作者は、当代では伏見院、永福門院(えいふくもんいん)、為兼、従三位(じゅさんみ)為子、西園寺実兼(さねかね)。前代では藤原俊成(しゅんぜい)、藤原定家、西行。新たな角度、照明による感覚的叙景歌「宵のまの村雲(むらくも)づたひ影みえて山の端(は)めぐる秋の稲妻」(伏見院)、非具象的観念歌「木の葉なき空(むな)しき枝に年暮れて又めぐむべき春ぞ近づく」(為兼)、心理分析的恋歌「音せぬが嬉(うれ)しきをりもありけるよ頼み定めてのちの夕暮」(永福門院)などに特色を示すが、伝統歌風支持派からは『歌苑連署事書(かえんれんしょのことがき)』などで激しい非難を被った。[岩佐美代子]
『次田香澄校訂『玉葉和歌集』(岩波文庫) ▽浜口博章著「玉葉集」(『和歌文学講座 4 万葉集と勅撰和歌集』所収・1970・桜楓社) ▽福田秀一著『中世和歌史の研究』(1972・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょくようわかしゅう ギョクエフワカシフ【玉葉和歌集】
鎌倉後期の勅撰和歌集。二〇巻。伏見院の命により京極(藤原)為兼が撰。正和元年(一三一二)成立。勅撰和歌集の一四番目。伏見院、従三位為子、永福門院、藤原俊成・定家・為家・為兼らの歌二八〇〇首を、春、夏、秋、冬、賀、旅、恋、雑、釈教、神祇の一〇部門に分けて収めたもの。持明院統、京極派の人の歌が多い。鎌倉・室町期の勅撰集の中で、歌風の清新さにおいて「風雅和歌集」とともに群を抜く。玉葉集。玉葉。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

玉葉和歌集
ぎょくようわかしゅう
鎌倉後期,第14番目の勅撰和歌集
1312年刊。20巻。伏見天皇の命で京極(藤原)為兼が編集。約2800首をおさめ,勅撰集中で最大。歌は清新な叙景歌が多く,感情・感覚の真実性を重んじ,素朴美・官能美を表現。『万葉集』を重視。京極派歌人の和歌が多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉葉和歌集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉葉和歌集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.