Rakuten infoseek

辞書

玉篇【ぎょくへん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玉篇
ぎょくへん
Yu-pian
中国,六朝時代の字書顧野王の撰。 30巻。大同9 (543) 年成立。日本では古く「ごくへん」ともいった。原本は中国では散逸し,日本に一部分が残っている。 542の部首を立て,それらに1万 6917字を配属させ,各字につき反切による発音と字義を記したもの。字形分類による字書という点で,後漢の『説文解字』の体裁にならうが,分類法はやや異なり,字数も約2倍,字義も諸書を引用して詳しくなっている。ただし原本は一部の写本が日本に伝わるのみで,間にほとんど散逸,現在通行するのは開泰2 (1013) 年南宋の陳彭年,呉鋭らが編した増修本『大広益会玉篇』 (『重修玉篇』) である。しかしこれは字数はふえたが字解部分がごく簡略となり,原本とは面目を異にするものとなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょくへん【玉篇】
中国の字書。30巻。梁(りょう)の顧野王(こやおう)撰。543年成る。「説文解字(せつもんかいじ)」にならって、字数を大幅に増加した部首分類体の字書。のち、唐の孫強が増補し、宋の陳彭年らが勅命により増補修訂した。顧野王の写本の一部は日本に現存

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょくへん【玉篇 Yù piān】
中国,梁の顧野王が編集した部首別字書。30巻542部に分かれ1万6917字を収めたと唐の封演《封氏聞見記》文字にいうが,原本は滅んで,わずかの部分が写本として日本にのみ伝えられる。現在普通に《玉篇》というのは,原本に何回かの手が入った後,宋の陳彭年らによりさらに増補された《大広益会玉篇》で,これは日本でもよく用いられた。《倭玉篇(わごくへん)》などが作られたのもその余波である。なお江戸時代から明治にかけてよく用いられた毛利貞斎の《増続大広益会玉篇》は検索も筆画順に改められた別書といっていいものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎょくへん【玉篇】
中国の辞書。三〇巻または三一巻。梁りようの顧野王こやおう編。543年成立。字形により約一万七千字を五四二部に分類。原本「玉篇」は早く失われ、宋の陳彭年改訂の「大広益会玉篇」が広く用いられた。原本の写本のごく一部が日本に伝存し「篆隷万象名義てんれいばんしようめいぎ」を初めとする諸辞書に影響を与えた。ごくへん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごくへん【玉篇】
ぎょくへん玉篇

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉篇
ぎょくへん
中国の字書。顧野王(こやおう)(519―581)撰(せん)。30巻。543年(南朝梁(りょう)の大同9)成書。1万6900余字を542の部首に分け、古字書の注解、古典での用例とその注釈等を引用して文字の意味、用法を詳しく示す。『説文解字(せつもんかいじ)』が字形と関連させて字の本義を説くのに対し、本書は実際の用法における字義の解説に重点を置く。部首も『説文解字』にほぼ拠(よ)りながら、部首の配列には意味のつながりを重視して検索の便を図った。このように現実的な優れた字書であったが、中国では散逸し、日本に一部分の古写本が伝わり、貴重視される。のち種々改訂本がつくられたが、中国に現存するものは、北宋(ほくそう)の陳彭年(ちんほうねん)らが勅命により撰した『大広益会玉篇』(1013)で、収録字を増したかわり、注解は大幅に簡略化された。[平山久雄]
『岡井慎吾著『玉篇の研究』(1933/再版・1969・東洋文庫) ▽小川環樹著「中国の字書」(『日本語の世界3 中国の漢字』所収・1981・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょくへん【玉篇】
中国の字書。三〇巻。梁の顧野王撰。八・九・一八・一九・二二・二四・二七巻の写本が日本に現存。体裁は「説文」にならい、一万六千九百余字を字形により五四二部門に分類し、経書やその注釈書類をもとにして意味を明らかにしたもの。中国では原本は早く失せ、宋代に陳彭年(ちんほうねん)らの増補による「大広益会玉篇」が刊行され流布した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごくへん【玉篇】
(「ごく」は「玉」の呉音) =ぎょくへん(玉篇)〔易林本節用集(1597)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

玉篇
ぎょくへん
中国南北朝時代に顧野王 (こやおう) によって編集された字書
30巻。6世紀梁 (りよう) の武帝のときに完成した。文字は隷書 (れいしよ) で,部首542部からなる。後漢 (ごかん) の鄭玄 (じようげん) ・馬融 (ばゆう) らの説を引用した。中国では失われたが,日本に断片的に残っている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉篇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉篇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.