Rakuten infoseek

辞書

玄海国定公園【げんかいこくていこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玄海国定公園
げんかいこくていこうえん
福岡県佐賀県長崎県の 3県に広がる,玄界灘に面した自然公園。面積 101.58km2。1956年指定。1968年北松浦地域を追加指定。松原の公園ともいわれ,白砂青松が続く日本画的な美しさをもつ。日本三大松原の一つ虹ノ松原(国指定特別名勝)のほか,これに比肩する松原が 10ヵ所余もある。国指定天然記念物の屋形石の七ツ釜芥屋ノ大門など,玄武岩海食による名勝もあり,点在する島々とともに変化に富んだ景観を見せる。特に西部の仮屋湾から伊万里湾にいたる一帯沈水海岸で,小湾入と,イロハ島,カズラ島などの小島群による多島海景観を示す。植生は全般的にクロマツが多く,一部では暖帯常緑広葉樹林が残され,また自生サザンカも見られる。九州の北端にあり,古くから大陸との交通が開けたところで,神功皇后および豊臣秀吉出兵元寇など大陸との交渉史に関する史跡,遺跡,城址社寺などが多い。東松浦半島北方の海域玄海海域公園地区に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんかい‐こくていこうえん〔‐コクテイコウヱン〕【玄海国定公園】
福岡・長崎・佐賀県にまたがる玄界灘沿岸の国定公園芥屋大門(けやのおおと)七ツ釜虹の松原志賀島(しかのしま)など景勝地や史跡に富む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんかいこくていこうえん【玄海国定公園】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんかいこくていこうえん【玄海国定公園】
福岡県と佐賀県にまたがり、玄界灘に臨む海岸を中心とする国定公園。白砂青松の弧状海岸やリアス式海岸、海食洞などの景観美をもつ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

玄海国定公園
げんかいこくていこうえん
九州北部玄界灘(げんかいなだ)の海岸美を中心とした国定公園。1956年(昭和31)指定。1968年に西端の松浦(まつうら)地区を追加指定。面積101.58平方キロメートル。東は北九州市若松区の脇田(わいた)海岸から、西は伊万里(いまり)市の東松浦半島西岸および長崎県鷹(たか)島までの東西約100キロメートル、福岡、佐賀、長崎の3県にわたる。玄界灘の荒波に洗われた多数の島々、岩礁や沿岸の海食崖(かいしょくがい)、海食洞と、女性的な白砂青松の弧状砂浜からなり、屈曲に富む海岸線が最大の観光資源となっている。東から三里(さんり)松原、花見松原、海ノ中道(うみのなかみち)、生(いき)之松原、幣(にぎ)ノ松原、虹(にじ)ノ松原と連なる白砂青松の砂丘は海水浴場として多数の観光客を集め、糸島(いとしま)半島北西の芥屋ノ大門(けやのおおと)、呼子(よぶこ)の七ツ釜(がま)は玄武岩の柱状節理と海食洞で有名である。佐賀県鎮西(ちんぜい)町(現、唐津市)の波戸岬(はどのみさき)を中心に1970年に玄海海中公園が指定され(2010年に玄海海域公園と改称)、魚類、サンゴ類のみられる水中展望塔がある。海岸美の展望地として沿岸に、松浦佐用姫(まつらさよひめ)の伝説で知られる鏡(かがみ)山(領巾振(ひれふり)山)、可也(かや)山、高祖(たかす)山、立花(たちばな)山などがある。大陸に近いために古くからの海外交渉の歴史を示す旧跡も多く、金印出土の志賀島(しかのしま)をはじめ、怡土(いと)城跡、元寇(げんこう)防塁跡、名護屋(なごや)城跡、付近には宗像(むなかた)大社、宮地嶽(みやじだけ)神社、香椎宮(かしいぐう)などもある。志賀島には国民休暇村、海ノ中道には海浜公園があり、北部九州のレクリエーション地となっている。[石黒正紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんかい‐こくていこうえん ‥コクテイコウヱン【玄海国定公園】
九州北部、玄界灘に面する海岸一帯の国定公園。玄界灘の島々および内陸部の立花山、可也山などを含む。芥屋ノ大門(けやのおおと)、七ツ釜、虹ノ松原、志賀島(しかのしま)など景勝地や史跡に富む。昭和三一年(一九五六)指定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玄海国定公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玄海国定公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.