Rakuten infoseek

辞書

玄慧/玄恵【ゲンエ】

デジタル大辞泉

げんえ〔ゲンヱ〕【玄慧/玄恵】
[?~1350]南北朝時代天台宗の僧。京都の人。字(あざな)は健叟。別号独清軒禅宗・宋学にも通じ、後醍醐天皇侍読をつとめた。のち、足利尊氏に用いられ、建武式目制定に参画。「太平記」の作者ともいわれる。げんね。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げんね〔ゲンヱ〕【玄慧】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんえ【玄慧】
?‐1350(正平5∥観応1)
鎌倉末期から南北朝時代にかけて活躍した天台宗の僧侶で儒者。玄恵とも書き,〈げんね〉とも読む。号は独清軒(どくせいけん),健叟(けんそう)。《元亨釈書(げんこうしやくしよ)》を著した禅僧の虎関師錬(こかんしれん)の弟とする説もあるが不詳。比叡山延暦寺で修学し,法印権大僧都にまで昇った。禅にも深い関心をよせ,また程朱学にもくわしく,後醍醐天皇の侍読となって天皇や側近の公卿たちに古典を講じた。その講義の席が,後醍醐天皇を中心とする鎌倉幕府転覆計画の場であったという話は《太平記》によって世上に流布したものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

げんね【玄慧】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

げんね ゲンヱ【玄慧】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玄慧/玄恵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玄慧/玄恵の関連情報

関連キーワード

正平フィリップ赤松則村高師世ビータウタス観応ウェールズ文学観応の擾乱ドイツ語ナーガラクルターガマ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.