Rakuten infoseek

辞書

玄恵【げんえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玄恵
げんえ
[生]?
[没]正平5=観応1(1350).3.2. 京都
鎌倉時代末期~南北朝時代初期の天台宗の僧。「げんね」ともいい,「玄慧」とも書く。法印。号,独清軒。天台僧で禅門にも入り,京都北小路に住んだ。虎関師錬 (こかんしれん) の弟という。後醍醐天皇侍読朱子学の新注を取り入れ,宋学 (理学) を鼓吹した学者。足利尊氏に用いられて『建武式目』の制定に参与。『庭訓往来』『秋の夜の長物語』『奥州後三年記』『太平記』や狂言などの作者と伝えられるが未詳。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

玄恵 げんえ
?-1350 鎌倉-南北朝時代の僧。
天台宗。一説に虎関師錬(こかん-しれん)の弟。宋(そう)学にも通じ,後醍醐(ごだいご)天皇にしばしば講義したといわれる。足利尊氏,直義(ただよし)の信任を得,「建武(けんむ)式目」の起草に関与した。「庭訓(ていきん)往来」「太平記」の編著者とつたえられる。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年3月2日死去。号は独清軒,健叟。法名玄慧ともかき,「げんね」ともよむ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

げんえ【玄恵】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

玄恵
げんえ
(?―1350)
鎌倉時代から南北朝時代にかけての天台宗の学問僧。「げんね」ともいい、玄慧とも書く。独清軒、健叟の号がある。法印権大僧都(ごんだいそうず)に昇った。儒学にも通じ、公卿(くぎょう)らに講じたり、漢詩の添削なども行った。『建武式目(けんむしきもく)』の制定にもかかわり、足利氏との関係も深かった。『庭訓往来(ていきんおうらい)』や『太平記』の作者とされるが確かではない。『平家物語』の流布本への改作者とする説もある。[會田 実]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玄恵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玄恵の関連情報

関連キーワード

正平フィリップ赤松則村高師世ビータウタス観応ウェールズ文学観応の擾乱ドイツ語ナーガラクルターガマ

他サービスで検索

「玄恵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.