Rakuten infoseek

辞書

獅子身中の虫【シシシンチュウノムシ】

デジタル大辞泉

獅子(しし)身中(しんちゅう)の虫
獅子の体内に寄生して、ついには獅子を死に至らせる
仏徒でありながら、仏法に害をなす者。
組織などの内部にいながら害をなす者や、恩をあだで返す者。
[補説]「獅子心中の虫」と書くのは誤り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しししんちゅうのむし【獅子身中の虫】
梵網経獅子の体内で養われている虫が、かえって獅子を滅すということから
仏の弟子なのに仏教に害を与える者。転じて、内部の者でありながらその組織などに害を与える者にいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しし【獅子】 身中(しんちゅう)の虫(むし)
※法然消息文(1212頃)越中国光明房へ遣はす御返事「およそかくのごときの人は、附仏法の外道也。師子身中のむし也」
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)七「獅子(シシ)しんちうの虫とは儕(おのれ)が事。我君より高知を戴き、莫大の御恩を着ながら、敵(かたき)師直が犬と成て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

獅子身中の虫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

獅子身中の虫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.