Rakuten infoseek

辞書

猿若町【サルワカチョウ】

デジタル大辞泉

さるわか‐ちょう〔‐チヤウ〕【猿若町】
東京都台東区の地名在の浅草6丁目にあたる。中村座市村座森田座の歌舞伎劇場三座があった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さるわかまち【猿若町】
江戸末期の芝居町。現在の東京都台東区浅草6丁目に相当する。都市の消費経済の締付け政策をとった天保改革により,1841年(天保12)から42年にかけて,堺町中村座,葺屋町の市村座木挽町河原崎座(森田座)の江戸三座が,江戸の市外地である浅草聖天町,小出信濃守の下屋敷跡へ移転を命じられた。その地が猿若町と名づけられ,1丁目に中村座と人形浄瑠璃薩摩座が,2丁目に市村座と人形浄瑠璃の結城座(ゆうきざ)が,3丁目に河原崎座が建築され,明治初年まで,江戸の歓楽街として繁栄した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さるわかちょう【猿若町】
東京都台東区の旧町名。現、浅草六丁目に当たる。天保改革のとき、風俗取り締まりのため江戸三座(のち猿若三座とも)を浅草聖天町に移して猿若町と命名。一丁目(中村座)・二丁目(市村座)・三丁目(森田座)と称し、明治初年まで栄えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

猿若町
さるわかちょう
東京都台東区(たいとうく)北東部、現在の浅草6丁目あたりの旧地名。天保(てんぽう)の改革にあたり、1842年(天保13)堺(さかい)町、葺屋(ふきや)町、木挽(こびき)町にあった芝居小屋を浅草聖天(しょうてん)町に移し、猿若町と改称。江戸三座といわれる中村座、市村座、森田座があり、芝居の町として繁栄した。地名は、寛永(かんえい)(1624~1644)の初め江戸に下ってきた江戸俳優の祖といわれる猿若勘三郎(かんざぶろう)の姓をとったことによる。この演劇の伝統は、浅草公園の六区(ろっく)、花屋敷に受け継がれて現在に及んでいる。[沢田 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さるわか‐ちょう ‥チャウ【猿若町】
東京都台東区浅草六丁目にあった地名。天保の改革で、浅草聖天町に江戸三座(中村座・市村座・森田座)が移設されるとともに町名を改名。一丁目に中村座、二丁目に市村座、三丁目に河原崎座(森田座)が位置して猿若三座と称し、他に操りの二座も置かれて、明治初年まで栄えた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猿若町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猿若町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.