Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

猿丸大夫【さるまるだゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

猿丸大夫
さるまるだゆう
奈良時代または平安時代初期に実在していたと考えられていた伝説的な歌人出自,伝ともに未詳三十六歌仙の一人で,『古今和歌集真名序にその名がみえ,『百人一首』にも入っているが,実作と信じられるものは1首もない。『猿丸大夫集』があるが,『万葉集』と『古今集』の詠み人知らずの歌が大部分である。勅撰集にも収められた歌はない。民間信仰との結びつきが顕著で,その遺跡や伝説は諸所にみられ,巡遊の芸能人とする説もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さるまる‐だゆう〔‐ダイフ〕【猿丸大夫】
奈良後期または平安初期の伝説的歌人。三十六歌仙の一人。古今集真名序にその名がみえる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

猿丸大夫 さるまるだゆう
?-? 奈良-平安時代前期の歌人。
三十六歌仙のひとり。「古今和歌集」真名(まな)序にその名がみえる伝説的な歌人で,実体は不明である。「猿丸大夫集」は,「万葉集」の歌と「古今和歌集」読み人知らずの歌とをあつめたもの。
【格言など】奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さるまるだゆう【猿丸大夫】
奈良朝後期か平安朝初期に生存したといわれる人物で,三十六歌仙の一人。《古今集》真名序にその名が見える。《猿丸大夫集》もあるが,これは古歌を集めたもので,猿丸大夫その人の作とはいえない。歌人としてよりも,広く伝説化して知られ,下野国二荒(ふたら)山信仰にもとづいた猿丸大夫の話は有名である。林道春の《二荒山神伝》によると,昔,有宇中将という殿上人勅勘をこうむり,奥州小野郷の朝日長者の客となり,長者の娘をとして子をもうけ,その名を馬王と呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

猿丸大夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猿丸大夫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.