Rakuten infoseek

辞書

猶子【ユウシ】

デジタル大辞泉

ゆう‐し〔イウ‐〕【猶子】
兄弟の子。甥(おい)。姪(めい)。
兄弟・親類または他人の子を自分の子としたもの。義子養子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうし【猶子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうし【猶子】
古くはゆうじとも
礼記檀弓上による。自分の子供のようなものの意おい、または姪めい
親族または他人の子を自分の子としたもの。養子。義子。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

猶子
ゆうし
兄弟・親類や他人の子と親子関係を結ぶ制度。平安期より貴族社会を中心に行われ、鎌倉期以降は武家でも行われた。中国における本義は兄弟の子の意。わが国では、仮親の権勢をかりたり、一家・同族内の結束を強化するために行われた。養子とは異なり相続を目的としないというが、実際は明確な区別はなく、子ということで相続がなされる場合も多い。ときに両者をまったく同義で使用している場合がある。[飯沼賢司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆう‐し イウ‥【猶子】
〘名〙 (「ゆうじ」とも)
① 兄弟の子。甥(おい)。姪(めい)
※性霊集‐四(835頃)為酒人内公主遺言「无顧命、猶子之義、礼家所貴」 〔礼記‐檀弓・上〕
② 兄弟、親戚、また、他人の子を自分の子としたもの。仮に結ぶ親子関係の子の称。厳密には、養子と区別される。相続には関与できないのが通例であるが、例外もある。
※三教指帰(797頃)上「豈思、諄諄之意、切於猶子、懃懃之思、重於比児
※古今著聞集(1254)二「僧正を御猶子にして、憐愍の志実子にすぎたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猶子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猶子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.