Rakuten infoseek

辞書

猪苓【チョレイ】

デジタル大辞泉

ちょ‐れい【××苓】
サルノコシカケ科のキノコチョレイマイタケ地中につくる菌核漢方利尿解熱止渇薬などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

ちょれい【猪苓】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。サルノコシカケ科チョレイマイタケ菌核(きんかく)を乾燥したもの。ブナの根に寄生する。利尿解熱止渇(しかつ)などの作用がある。膀胱(ぼうこう)炎尿道炎腎盂(じんう)炎に効く猪苓湯(とう)腎炎むくみ急性胃腸炎に効く五苓散(ごれいさん)などに含まれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょれい【猪苓 Grifola umbellata (Pers.) Pilát】
担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科のキノコであるチョレイマイタケが地下につくる菌核。猪苓とはイノシシの糞(ふん)の意味。菌核は黒く,凹凸が多く,平たく,古い大きなショウガ根に形は似る。ハンノキカエデクヌギなどの根に寄生し,地下にかたまって形成される。肉は白く,これを薄く切って漢方薬として重用される。秋,この菌核から地上にキノコが発生する。キノコは1本の茎から幾回も枝を分け,各枝の先端に直径2~4cmの円い,浅い漏斗形の小型のかさをつける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょれい【猪苓】
担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ亜目に属するチョレイマイタケの菌核。地中に形成され、生薬として利尿・解熱・止渇薬に用いる。秋、菌核からマイタケに似たきのこが生じる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

猪苓 (チョレイ)
植物。サルノコシカケ科の担子菌類,薬用植物。チョレイマイタケの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょ‐れい【猪苓】
〘名〙 チョレイマイタケの菌核で漢方薬の一種。利尿、解熱、口渇を治す、などの効がある。黒褐色で、内部は白色だが干したものは黒く光沢がある。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※随筆・西遊記続編(1798)五「殊更此袋には種々の薬品所持致せば、猪苓(チョレイ)、沢瀉はよく水をおひ、防風、桂枝はよく風ををさむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪苓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猪苓の関連情報

他サービスで検索

「猪苓」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.