Rakuten infoseek

辞書

猛暑日【もうしょび】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

猛暑日
もうしょび
最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,京都 15日,大阪 12日,福岡 6日,鹿児島 4日,那覇 0日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

猛暑日
気象庁では、天気予報や気象情報、解説などで用いる「予報用語」に、新たに、最高気温が35℃以上の日を猛暑日と定義し、2007年4月から使い始めた。これまで気象庁で使う暑さを表す用語に「真夏日(1日の最高気温が30℃以上)」などがあったが、地球温暖化や都市化の影響で、1日の最高気温が35℃以上の日が1990年以降急増し、東京などの大都市では20年前の約3倍になり、特別な名前で呼ぶべきという意見が強まり、お天気キャスターの森田正光氏が数年前から酷暑日と呼ぶなど、いろいろな呼び方がされ始めていた。07年8月は、ラニーニャ現象の影響で日本付近では下降気流が発生して勢力の強い太平洋高気圧が形成され、各地で記録的な暑さとなり、8月16日に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9℃を観測し、74年ぶりに国内最高気温を更新するなどしたため、「猛暑日」はマスコミ等で大きく取り上げられた。07年の真夏日(日最高気温30℃以上)は、東京54日に対し大阪はその1.5倍の79日であったが、猛暑日は、東京で7日に対し大阪はその2倍以上の16日と、猛暑日でみても、07年の夏は、西日本で特に厳しい暑さであったことが分かる。
(饒村曜 和歌山気象台長 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

猛暑日
1日の最高気温が35度以上の日。地球温暖化や都市化の影響で増え、気象庁が2007年4月から「予報用語」に加えた。年間で猛暑日が最も多かったのは1994年、大分県日田市の45日。
(2011-06-29 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

もうしょ‐び〔マウシヨ‐〕【猛暑日】
最高気温がセ氏35度以上の日。→真夏日夏日

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

猛暑日
もうしょび
日最高気温が35℃以上の日。気象庁が天気予報や気象情報などで2007年(平成19)から使うようになった予報用語のひとつ。気温が上昇して猛暑日となるのは、高気圧に覆われて風が弱く、晴れて日射が多いときである。猛暑日は、沿岸部よりも日中の気温が上昇しやすい内陸部や盆地で多い。山越えの高温な気流が吹き込むフェーン現象が重なっていることも多い。都市化によるヒートアイランド現象も猛暑日に至る高温に関係している。
 2007年8月16日に、国内の最高気温40.9℃が埼玉県熊谷(くまがや)市と岐阜県多治見(たじみ)市で観測されたように、厳しい暑さの日が多くなった。猛暑のような高温が続くと、暑さで体温の調節ができなくなるなど身体への負担が大きく、熱中症にかかる人が多くなる。地球温暖化が進むと猛暑日が増加すると予測されているが、とくに関東地方から西の地域で猛暑日が大きく増加するとみられる。[青木 孝]
『国立環境研究所地球環境研究センター編著『ココが知りたい地球温暖化』(2009・成山堂書店) ▽青木孝監修『図解 気象・天気のしくみがわかる事典』(2009・成美堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猛暑日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猛暑日の関連情報

他サービスで検索

「猛暑日」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.