Rakuten infoseek

辞書

狭隘【キョウアイ】

デジタル大辞泉

きょう‐あい〔ケフ‐〕【狭×隘】
[名・形動]
面積などが狭くゆとりがないこと。また、そのさま。「狭隘な土地」
心がせまいこと。度量が小さいこと。また、そのさま。「人を容(い)れない狭隘

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょうあい【狭隘】
名 ・形動 [文] ナリ 
土地などの小さくせまい・こと(さま)。 -な谷間
心がせまいこと。度量がないこと。また、そのさま。 -な心の持ち主 何ぞ卿が胸田の-なる/世路日記 香水

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐あい ケフ‥【狭隘】
〘名〙 (形動)
① 面積などがせまいこと。また、せまい所、そのさま。
※蔭凉軒日録‐寛正四年(1463)八月八日「以御座狭隘之故。諷経衆各十余員被参也」
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「皆狭隘なる陋巷のみ」 〔史記‐李斯伝〕
② 度量がせまいこと。また、そのさま。
※自由之理(1872)〈中村正直訳〉二「常に教法に拘泥する狭隘粗なる人の議論なり」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉七「宣教師輩の狭隘なる感情の犠牲となって」 〔荀子‐脩身〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狭隘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

狭隘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.