Rakuten infoseek

辞書

狭物【さもの】

精選版 日本国語大辞典

さ‐もの【狭物】
〘名〙 狭く小さいもの。多く「鰭(はた)の狭物」の形で用いられ小さい魚の意を表わす。さきもの。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「鰭(はた)の広(ひろもの)、鰭(はた)の狭(サモノ)亦口より出づ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狭物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

狭物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.