Rakuten infoseek

辞書

独走【ドクソウ】

デジタル大辞泉

どく‐そう【独走】
[名](スル)
ひとりで走ること。
他を大きく引き離して先頭を走ること。「独走態勢にはいる」
他とは関係なく、ひとり自分勝手に振る舞うこと。「功を急いで独走する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どくそう【独走】
( 名 ) スル
他の競走者をはるかに引き離して、飛び抜けて速く走ること。また、リーグ戦などで、他を大きく離して首位にいること。 「 -態勢にはいる」
他の意見を聞かず、ひとりよがりの活動をすること。 「営業部の-があった」
ひとりで走ること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どく‐そう【独走】
〘名〙
① 単独でること。
※安吾巷談(1950)〈坂口安吾〉世界新記録病「フォームが美しくて、独走とか独泳にさいしてピッチに閃きがあるといっても、競り合いで役に立たなければ」
② 競走相手を大きく引き離して、ひとりだけ走ること。また、スポーツなどで、他を引き離して首位にいること。
③ 他と関係なく、ひとりだけ勝手に行動すること。
※文学の根本問題(1958‐59)〈中島健蔵〉六「一方、『真』と『善』とは、『美』の独走に対して、いつも警戒しなければならない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独走」の用語解説はコトバンクが提供しています。

独走の関連情報

他サービスで検索

「独走」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.