Rakuten infoseek

辞書

独善【ドクゼン】

デジタル大辞泉

どく‐ぜん【独善】
《「孟子」尽心上から》
他人に関与せず、自分の身だけを正しく修めること。
自分だけが正しいと考えること。ひとりよがり。「独善に陥る」「独善的」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どくぜん【独善】
自分ひとりが正しいと考えること。ひとりよがり。 -に陥る -家
自分ひとりの身を正しく修めること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どく‐ぜん【独善】
〘名〙 (「孟子‐尽心上」の「窮則独善其身、達則兼善天下」による語)
① 他人には関与しないで、自分の身だけを正しく修めること。
※経国集(827)二〇・下毛野虫麻呂対策文「原夫公渉清虚、契帰於独善
② 客観性がなく自分だけが正しいと考えること。ひとりよがり。
※サフラン(1914)〈森鴎外〉「今私が此鉢に水を掛けるやうに、物に手を出せば彌次馬と云ふ。手を引き込めてをれば、独善と云ふ」 〔尹文字‐大道上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひとり‐よがり【独善】
〘名〙 (形動) 自分ひとりだけでよいと思いこんで、他人の言うことを聞こうとしないこと。また、そのさま。どくぜん。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「ハンケチで咽喉を緊め、鬱陶敷を耐へて眼鏡を掛け、独よがりの人笑はせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独善」の用語解説はコトバンクが提供しています。

独善の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.