Rakuten infoseek

辞書

狂人日記【きょうじんにっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

狂人日記
きょうじんにっき
Zapiski sumasshedshego
ロシアの作家 N.ゴーゴリの日記体の小説。 1834年執筆。 35年文集『アラベスキ』 Arabeskiに発表。下級官吏で九等官ポプリシチンは自分の上役である局長に私淑し,心ひそかに局長の令嬢を恋しているが,令嬢と侍従武官縁談がまとまって,過酷な現実に直面したとき,狂気の世界に入っていく。彼は自分が九等官ではなくて,スペイン国王だと空想することで,現実の屈辱感を克服しようとする。主人公手記という形で,官僚社会を痛烈に風刺するとともに,狂気と錯乱の世界にしか生きられない下層役人の悲惨さを鋭く摘発した傑作

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうじんにっき〔キヤウジンニツキ〕【狂人日記】
《原題、〈ロシア〉Zapiski sumashedshawoゴーゴリ短編小説。下級官僚が次第に心を病み、ついにはスペイン王であることを主張するさまが日記形式でつづられる。
魯迅の短編小説。1918年「新青年」に発表。周囲の人間に食われるのではないかと妄想する男が書いた日記の形をとる。
色川武大長編小説幻聴幻視に悩まされる主人公の孤独を描く。昭和63年(1988)刊行。同年、第40回読売文学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょうじんにっき【狂人日記】
中国、近代の短編小説。魯迅ろじんの処女作。1918年作。ゴーゴリの同名小説にヒントを得て、狂人の手記の形式で家族制度と儒教思想を批判したもの。中国近代文学の先駆的作品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

狂人日記
きょうじんにっき
中国の作家、魯迅(ろじん/ルーシュン)の小説。1918年5月『新青年』に掲載され、のち『吶喊(とっかん)』(1923)に収められた。周囲の人間が自分を食おうとしているという被害妄想をもった患者の日記の形を通じて、中国の旧社会、儒教道徳の非人間性、それを否定する者をも飲み込む歴史の重みの認識を込め、それらすべてを突き崩す願いを「子供を救え」の叫びに凝縮させた作品。中国近代文学最初の作品とされる。[丸山 昇]
『竹内好訳『阿Q正伝・狂人日記』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

狂人日記
きょうじんにっき
中国の文学者魯迅 (ろじん) の短編小説
1918年雑誌「新青年」に発表。文学革命に参加した魯迅が,ゴーゴリの小説に学び,狂人の手記という独白形式の白話 (はくわ) 体で家族制度と因襲思想を痛烈に批判し,魯迅文学の出発点となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狂人日記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

狂人日記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.