Rakuten infoseek

辞書

【ジョウ】

デジタル大辞泉

じょう〔ジヤウ〕【状】
[名]
実際のありさま。すがた・かたちや、なりゆき。「混乱のをつぶさに報告する」
手紙。書状。「貴兄よりの拝受致しました」
[接尾]名詞に付いて、…のような形である、…に似たようすである、などの意を表す。「釣り鐘の花」「クリーム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう【状〔狀〕】[漢字項目]
[音]ジョウ(ジャウ)(呉)
学習漢字]5年
物の形・すがた。「液状管状環状球状形状波状
物事の様子。「状況状態異状窮状行状(ぎょうじょう)原状現状罪状実状情状性状敵状名状病状
様子や次第を記した文書。「賀状回状書状賞状訴状免状令状礼状連判状
[名のり]かた・のり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょう【状】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょう【状】
手紙。便り。
ありさま。ようす。 「その悲惨の-は見るにしのびない」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう ジャウ【状】
〘名〙
① すがたやかたち。また、実際の様子や事のなりゆき。状況。情勢。
※万葉(8C後)六・九七八・左注「右一首山上憶良臣沈痾之時 藤原朝臣八束使河辺朝臣東人疾之状
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉七「毫もマルツラバースの所行を非として怨むの状なし」 〔戦国策‐楚策・考烈王〕
② 事態、状況を記して上申する文書。陳情書。上申書。
※平家(13C前)七「一門の公卿十人、同心連署の願書をかいて山門へ送る。其状に云(いはく)」 〔文体明弁‐奏疏〕
手紙。書状。書翰(しょかん)
※万葉(8C後)一八・四〇七三・右詞文「生別悲兮 夫復何言 臨紙悽断奉状不備」
※太平記(14C後)一〇「彼の女房義貞の状に我が文を書き副へて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

状の関連情報

他サービスで検索

「状」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.