Rakuten infoseek

辞書

【ハン】

デジタル大辞泉

はん【犯】
[接尾]助数詞。刑を受けた回数を表すのに用いる。上に来る語によって「ぱん」ともなる。「前科三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【犯】[漢字項目]
[音]ハン(漢) ボン(呉) [訓]おかす
学習漢字]5年
〈ハン〉
おきてやルールを破る。おかす。「犯意犯行犯罪犯人違犯共犯再犯事犯初犯侵犯防犯
罪をおかした人。犯人。「主犯戦犯
〈ボン〉僧が戒律(特に邪淫戒)をおかす。「女犯(にょぼん)不犯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼん【犯/煩】[漢字項目]
〈犯〉⇒はん
〈煩〉⇒はん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はん【犯】
接尾語的に用いて、その犯罪・犯罪者また犯行の意を表す。 殺人- 知能- 単独-
接尾
助数詞。刑罰を受けた回数を表すのに用いる。 前科三-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おかし をかし【犯】
〘名〙 (動詞「おかす(犯)」の連用形の名詞化) 罪を犯すこと。また、罪。罪科。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「われら、昔のをかしのふかさによりて、あしき身をうけたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はん【犯】
〘接尾〙 刑を受けた回数を表わす。「前科五犯」
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉九「お民媼(ばば)と謂うて三十犯(パン)もある名代の引手だが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼん‐・す【犯】
〘他サ変〙 (「ぼんず」とも) 戒律などをおかす。
※高野本平家(13C前)一〇「未だ禁戒をも犯(ボン)せず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

犯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.