Rakuten infoseek

辞書

犬追物【いぬおうもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

犬追物
いぬおうもの
騎馬で犬を追い,で射る騎射訓練の武術。 70杖 (約 159m) 四方ほどの馬場を用い,その中に犬を放ち,18騎ずつの騎手2組が試合を行う。射手の順序,射法,善悪作法など細かなルールがあり,1試合に 150匹の犬を射る。鎌倉時代に盛んになったとされ,『吾妻鏡』などに源実朝の頃始ったとある。応仁の乱 (1467~77) 後は衰えたが,江戸時代将軍徳川家光が再興明治以降は 1879年および翌年の2回,小笠原家により天覧に供せられて以後行われていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いぬ‐おうもの〔‐おふもの〕【犬追物】
騎射の練習の一。円形の馬場の中に放した犬を追いながら、馬上から蟇目(ひきめ)の矢で射る。鎌倉・室町時代を通じて盛んに行われ、故実も整えられたが、明治に至って衰えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いぬおうもの【犬追物】
中世武士の武芸鍛練法の一つ。騎馬で犬を追射する競技で笠懸,流鏑馬(やぶさめ)とともに騎射三物(きしやみつもの)の一つとされた。竹垣で囲んだ馬場に犬を放ちこれを馬上より射るもので,矢はを傷つけぬように鏃(やじり)をささず,鳴鏑(なりかぶら)を大きくした蟇目(ひきめ)を使用した。馬場は70杖(じよう)(1杖は約7尺5寸)四方の竹垣をめぐらし中央に縄で同心円を二重につくる。ふつう三手に分かれて12騎が一手となり,検見の合図により開始され,白犬150匹を10匹ずつ15度に分けて行われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いぬおうもの【犬追物】
騎馬武者が、馬を操りつつ、犬を弓矢で射止める武術。騎射の3種の一。鎌倉時代に起こった。竹垣で方形の馬場をつくり、折烏帽子おりえぼしをかぶり、直垂ひたたれまたは素襖すおうを着た三六騎の騎馬武者が三手に分かれ、そのうちの四騎ずつが一五〇匹の犬を射る。犬に傷をつけないために蟇目ひきめ矢を用いる。応仁の乱で中絶したが、島津家が元和年間(1615~1624)に再興した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

犬追物
いぬおうもの
走る犬を馬上から弓矢で射て優劣を競う武技。文献上の初見は1207年(『明月記』承元元年)で、当初は京洛(けいらく)を中心に催されていたようであるが、その直後には鎌倉にも伝えられており、以後室町時代にかけて、武士の必須(ひっす)の武技として盛んに行われた。この間に故実が整うとともに大規模となり、室町時代には諸役も増え、射手は36騎、犬150匹を本式としている。馬場は弓杖(ゆみづえ)70杖(じょう)(1杖約2.27メートル)四方に垣を巡らし、その中に直径1杖の小縄と、4杖の大縄とよぶ同心円を設け、大縄の外周には(けずりぎわ)と称する幅1杖半の色砂を敷く。射手は際に馬を乗り入れ、小縄内で放った犬を大縄内、さらにはその外までも追って射、検見(けんみ)が優劣を判定した。射手36騎の場合、12騎ずつ三手に分かれ、一手につき10匹の犬を4騎ずつ交代に射るが、最初の1匹は見逃すのを故実としている。これを15回行う。射手は行縢(むかばき)をはき、犬射籠手(いぬいこて)をさすのが特徴で、矢は犬を殺傷しない犬射蟇目(いぬいひきめ)を用いる。室町時代末期以降は衰退、江戸時代に入って島津家で再興され、同家は1646年(正保3)以来、江戸でもたびたび興行しているが、明治に至って廃絶した。[宮崎隆旨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いぬ‐おうもの ‥おふもの【犬追物】
〘名〙 武士の騎射(うまゆみ)の練習のために行なわれた馬上の三物(みつもの)の一種。犬を追物射(おものい)にすること。馬場の小縄の内に頸縄をつけて犬を引きすえ、射手が削際(けずりぎわ)に馬を乗り入れ、犬射蟇目(いぬいひきめ)の矢をつがえて待つ。縄を切り放たれ、走り出して内牓示(うちほうじ)を越えようとする犬を、その縄際で射る。鎌倉・室町期に盛んに行なわれ、明治一四年五月九日島津家別邸に天皇を迎えて催されたのを最後に絶えた。図中(イ)は小縄。この内側を犬塚といい、内には、縄の太さ分だけの砂あるいは土を敷く。(ロ)は大縄あるいは単に縄、また内牓示という。(ハ)は削際といい、内榜示の外にさらに一円を画し、内に山砂(色砂)を敷く。(ニ)は外牓示、あるいは牓示際・埒外(らちがい)の縄・外の馬場といい、竹垣で囲われている。いぬおもの。《季・夏》
※吾妻鏡‐承久四年(1222)二月六日「於南庭犬追物

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

犬追物
いぬおうもの
鎌倉時代の武芸で,犬を放し,騎馬でそれを追いながら射る射芸
「犬追物射」の。笠懸 (かさがけ) ・流鏑馬 (やぶさめ) とともに武士の子弟の弓馬鍛練のための武技として盛んに行われた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬追物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

犬追物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.