Rakuten infoseek

辞書

犬上御田鍬【いぬがみのみたすき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

犬上御田鍬
いぬがみのみたすき
舒明天皇時代の外交官。三田耜とも書く。景行天皇庶皇子の子孫。小野妹子遣隋使のあとを引き継ぎ,対中国外交にたずさわる。推古 22 (614) 年矢田部造らとともに遣小使として中国に渡る。翌年百済使を伴って帰国。舒明2 (630) 年大仁薬師恵日とともに再び派遣され,最初の遣唐使となる。2年後太宗の使者高表仁に送られ,学問僧霊雲,僧旻,勝鳥養および新羅送使らとともに帰国した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いぬかみ‐の‐みたすき【犬上御田鍬】
飛鳥時代の官人推古天皇22年(614)遣隋使として中国に渡り、翌年帰国。舒明天皇2年(630)には第1回遣唐使として渡り、同4年に帰国。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

犬上御田鍬 いぬかみの-みたすき
?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
推古天皇22年(614)矢田部某とともに最後の遣隋使をつとめ,翌年百済(くだら)使をともなって帰国。舒明(じょめい)天皇2年薬師恵日(くすしの-えにち)とともに初の遣唐使となり,4年答礼使の高表仁(こう-ひょうじん),留学僧の霊雲(りょううん),旻(みん)らと帰国した。名は三田耜ともかく。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いぬがみのみたすき【犬上御田鍬】
推古・舒明朝(7世紀)の官人。生没年不詳。三田耜とも記す。犬上氏は近江国犬上郡の豪族と推定される。614年に矢田部某とともに推古朝の最後の遣隋使となる。翌年百済使を伴い帰国する。630年薬師(くすし)恵日とともに舒明朝の第1次遣唐使となる。632年唐送使高表仁,新羅送使とともに新羅経由で帰国する。このとき,隋代から留学して唐にいた学問僧・学生の霊雲,旻(みん),勝鳥養(すぐりのとりかい)らも帰国した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いぬかみのみたすき【犬上御田鍬】
飛鳥時代の官人。614年遣隋使として、630年第一回の遣唐使として中国に渡航。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

犬上御田鍬
いぬがみのみたすき
生没年不詳。飛鳥(あすか)時代、推古(すいこ)・舒明(じょめい)朝の官僚。冠位は大仁(だいじん)。三田耜とも記す。614年(推古天皇22)6月、矢田部某とともに第五次遣隋使(けんずいし)となる。翌年百済(くだら)使を伴い帰国。630年(舒明天皇2)8月、薬師恵日(くすしえにち)とともに第一次遣唐使となる。632年8月、唐の送使高表仁(こうひょうじん)、新羅(しらぎ)の送使とともに新羅経由で帰国。隋代から留学して唐にいた学問僧霊雲(りょううん)・旻(みん)、勝鳥養(すぐりのとりかい)らもともに帰国した。なお、犬上君氏は近江(おうみ)国(滋賀県)犬上郡の豪族と推定されるが、このほか、継体(けいたい)朝の将軍で朝鮮南部へ派遣された近江毛野(おうみのけぬ)、推古朝の遣隋使小野妹子(おののいもこ)、彼に随行した学問僧志賀漢人慧隠(あやひとえおん)など、6、7世紀近江の豪族の出で外交や軍事に活躍した者の多いことが注目される。[鈴木靖民]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

犬上御田鍬
いぬがみのみたすき
生没年不詳
7世紀前期の官人
614年最後の遣隋使として渡航,翌年帰国。630年舒明 (じよめい) 天皇の命で最初の遣唐使として渡唐。632年,学問僧旻 (みん) らと帰国した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬上御田鍬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

犬上御田鍬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.